10日、韓国・MBCなどによると、北朝鮮が国営メディアを通じて、8月中旬以降、金正恩朝鮮労働党委員長が決心すれば、いつでもミサイルを発射できると明らかにした。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はグアム。

写真拡大

2017年8月10日、韓国・MBCなどによると、北朝鮮が国営メディアを通じて、8月中旬以降、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が決心すれば、いつでもミサイルを発射できると明らかにした。

朝鮮中央テレビは「同時に発射した4発の『火星−12』型ミサイルが、島根県と広島、高知県上空を通過し、3356キロを約17分間飛行した後、グアム島周辺30〜40キロの海上に落ちる」とし、「8月中旬まで、グアム包囲射撃案を最終的に完成させた後、金正恩委員長の命令を待つ」と伝えた。

朝鮮労働党中央委員会の機関紙・労働新聞の1面には、戦略軍の金洛兼(キム・ラクギョム)司令官の言葉を載せ、「一心団結」、「総突撃」など戦闘的な表現が使われた。また、9日には平壌(ピョンヤン)の金日成広場で住民10万人を動員した集会が開かれるなど、内部の結束と対米抗戦への雰囲気を高めている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「いよいよ戦争か」「事実上の宣戦布告だな」「平和を守るためには戦争に備えねばならない」「北朝鮮は米国が絶対に先制攻撃しないと思っているんだ」など、戦争が現実のものになることへの懸念の声が寄せられた。

また、「日本の上空を飛んで行くって…、日本が黙って見ているのか?」「米軍が迎撃システムを使って撃ち落とすだろう」など、ミサイル迎撃に関連した意見もみられた。

その他に、「戦争後はどうなるんだろう?南北統一か?中国が北朝鮮をのみ込むのか?」「金正恩(キム・ジョンウン)は自殺志願者なんだな」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)