北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、北朝鮮が2015年1月から抑留し続けてきた韓国系カナダ人の林賢洙(イム・ヒョンス)牧師を釈放したと報じた。

報道によると、北朝鮮の中央裁判所は、無期労働教化刑(終身刑)を言い渡されて服役中だった林牧師を人道的見地から釈放した。林牧師は高血圧を患っていると伝えられている。

カナダ・オンタリオ州ミシソーガの教会所属の林牧師は2015年、孤児などの支援事業のため北朝鮮を訪れたが、1月31日に羅先(ラソン)から平壌に向かった後、連絡が途絶えた。北朝鮮政府はそれから33日後、カナダ政府に対して林牧師を抑留したことを通告した。最高裁判所は同年12月16日、特大型国家転覆陰謀行為を行ったとの容疑で、終身刑を言い渡した。

カナダのCBCによると、ダニエル・ジャン国家安保首相補佐官がトルード首相の特使として、林牧師の釈放を訴えるため北朝鮮を訪問したが、特使は報じられた8日より2日早い6日に平壌入りし、交渉にあたっていた。そして9日に釈放が実現した。

林牧師の居場所は公には明らかにされていないが、ロイター通信によると、特使と北朝鮮に向かった林牧師の夫人と息子とともに、10日に帰国した。

トルドー首相は10日、林牧師の釈放を発表した声明で、保安上の理由で詳しいことは語れない、家族はプライバシーの尊重を望んでいるとの理由を挙げ、現在の居場所など詳細を明らかにしなかった。

今回の釈放について、北朝鮮が核とミサイル開発で国際社会からの厳しい批判を受け、孤立を深めつつあることと、林牧師と同様に北朝鮮に抑留され、釈放・帰国後すぐに死亡した米国人大学生のオットー・ワームビア氏の件で国際的に非難されたことが影響したと思われる。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

カナダ公民の林賢洙が病保釈される

【平壌8月9日発朝鮮中央通信】共和国中央裁判所の2017年8月9日付の判定に従って、わが共和国に反対する敵対行為を働いたことによって無期労働教化刑を言い渡されて教化中であったカナダ公民の林賢洙が人道的見地から病保釈された。---