宮迫博之(撮影:編集部)

写真拡大

 11日放送の『バイキング』(フジテレビ)に、不倫疑惑が報じられた雨上がり決死隊・宮迫博之が生出演。疑惑について本人の口から語った。

 週刊文春は8日、宮迫が7月にスレンダー美女とホテルに2回宿泊、その後別の美女ともお泊りしていることを報道。直撃を受けた宮迫は不倫を否定している。

 宮迫は番組の冒頭、深くお辞儀をした姿で登場。その後の特集で宮迫は報道を「事実です」と認め、「仲間だからと言って手心を加えるというのも何なので」と前置きした坂上忍からの質問に答えつつ、一連の経緯を語った。

 宮迫は、泥酔した場合ホテルに泊まったり、グループでホテルで飲み直すことは多々あるものの、「今回に限ってはそれがふたりきりになってしまった」と説明。「ボクが調子にのっていたというか、もしかしてもしかできるかもと言う魔がさしまくった」と語り、下心についてもあったことを認めた。泥酔すると寝てしまうタイプなこともあり「寝る前になんとかがんばって言って(口説いて)みたんですけど、『このご時世にそれはダメですよね』とお断りされ......」と、同じ状況で3回、それぞれ女性の方から断られていたことも告白し、「一線」は超えていないと繰り返し主張した。

 話題となった週刊文春に対しての、自身の不倫を「オフホワイト」と例えた表現については、「一線を超えてないから、オフホワイトのほうがかわいいかなって」と言う宮迫を坂上らが厳しく追求。バイキングメンバーたちからの「黒」「ガンメタリック」といった表現の中で、「グレー」と宮迫自身が言い直す場面もあった。

 坂上はNG質問無く全てに回答した宮迫を評価しつつ「文春第2弾とか無いですよね?それだけなんですよ、心配なのは」と、先日の斉藤由貴の不倫報道のような、第1弾の後に釈明をくつがえすような第2弾報道がある可能性について不安を口に。「無いです」と宮迫が真剣な面持ちで返答する場面もあった。