第4回イケメンJリーガー選手権の王座を射止めた鹿島MF土居聖真

写真拡大

 鹿島アントラーズは11日、リクルートライフスタイルとJリーグが主催する「Jマジ!」の企画「第4回イケメンJリーガー選手権」で、クラブ所属選手が“3連覇”を果たしたのを記念し、MF土居聖真プロデュースによる「歴代選手イケメンイレブン」を開催すると発表した。

 Jマジ!のイケメンJリーガー選手権は毎年開かれており、今回が4回目。2014年の第1回は当時C大阪に所属していたFW南野拓実(オーストリア・ザルツブルク)に優勝を譲ったが、15〜16年に鹿島所属だったMF柴崎岳(スペイン・ヘタフェ)が2連覇。今回は土居が初めての栄誉に輝き、クラブとしては3連覇となった。

 クラブはこの“タイトル”を記念した企画をスタート。土居が鹿島に所属した歴代選手18人を「ベンチ入りメンバー」として選び出し、ファン・サポーターの投票で「イケメンイレブン」を決定するという。なお、投票は後日開設される特設サイトで行われる。

 土居は2日、初の栄誉に際して自身の公式ブログを更新し、「たくさんの方々のおかげで、なんと1位になる事ができました。これは僕の1位ではなく、鹿島アントラーズの1位です」という“イケメンすぎる!?”コメントを発表していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ