@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

AMG、電動化の実績

メルセデス-AMGは、ベンツブランドのEVをパフォーマンスモデルに高める道筋を探っている。

車両開発を率いるドラモンド・ヤコイは、この件に関して、AMGそのものの改革が必要だという見解を示した。


メルセデス-AMGはこれまでに、

・プロジェクト1(F1のパワーユニットがベース)
・GTコンセプト(今年3月に発表 写真:赤)

に代表されるハイブリッド車両を手掛けてきた。

なかでも2012年に発表したモデルは意欲的だった。

SLSエレクトリックドライブが残したもの

AMGには、純粋なEVモデルとしてSLSエレクトリックドライブを世に問うた実績がある。

ドラモンド・ヤコイは、「V8モデルを今後200年先まで製造し続けたからといって、世の中が幸福になることはありません」と話し始めた。


「AMGには、SLSエレクトリックドライブで培った電動パワートレインの技術があり、ハイブリッドモデルで学んだ知見があります」

ヤコイが注目するのはAMGブランドならではの立ち位置だ。

メルセデス・ベンツの新型モデルの開発がはじまれば、そのスタートフェーズからAMGはプロジェクトに関わることができる。これにより、パフォーマンスモデルを生み出す可能性が広がるという。

「EVにV8サウンドは必要とされない」

彼によれば、そうしたアプローチは、メルセデスのすべてのEVモデルにも適用されるそうだ。


「メルセデスが新型車の仕事に取り掛かると、わたくし共はただちに自分たちに何ができるか考え出します。対象がエレクトリックカーであるならば、AMG自体の改革を進めなければなりません。なにしろEVにはV8サウンドは必要ないのですから」

「しかし手さぐりで改革を進めるわけではありません。あくまでAMGのブランド性を活かした道筋を選ぶことになります。それこそ、わたくし共が今、取り組んでいるものなのです」