英ロンドン南西部の幹線道路で、路線バスが店舗に突っ込んだ事故現場(2017年8月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン(London)で10日、名物の赤い2階建てバスが道路沿いの店舗に突っ込み、10人が負傷、2人が損壊した車内に閉じ込められる事故が起きた。運転手は、事故直前に失神したと話しているという。

 事故が起きたのはロンドン南西部ラベンダーヒル(Lavender Hill)を通る交通量の多い幹線道路。乗り合わせた看護師の女性によると、運転手は店に突っ込む直前に意識を失い、衝突の瞬間は何も覚えていないと話したという。

 別の乗客は、気づいたらバスが進路を外れていったと話した。当時バスには十数人が乗っており、事故後、車内には血痕が多数確認できたという。

 救急隊員が2階席の乗客の治療に当たる一方、消防士がゆがんだ車体を切断して閉じ込められた2人を救出した。
【翻訳編集】AFPBB News