関ジャニ∞にプレゼントしたケーキとポーズをきめるスパイダーマン=都内

写真拡大

 関ジャニ∞の渋谷すばる(35)、安田章大(32)、大倉忠義(32)が11日、都内で行われた米映画「スパイダーマン ホームカミング」の初日舞台あいさつに出席。サプライズで駆けつけた今作のヒーロー・スパイダーマンとの写真撮影を断るリアクションで笑いを誘った。

 赤と青のスパイダーマン柄のジャケット姿で登場した3人は、今作の主人公と舞台あいさつで初対面を果たした。渋谷は「お疲れッス」と会釈すれば、ハグされた大倉は「ちょっといい匂いがする」と笑顔。親交を深めたヒーローから、スパイダーマンの顔を再現した特製ケーキのプレゼントとおもてなし連発に大喜びした。

 大興奮の3人だったがスターから写真撮影をお願いされると、一転して表情を曇らせた。渋谷は「写真は俺ら…。ジャニーズ的にちょっと…」と世界のヒーローの申し出に贅沢にも“NO”を突きつけた。安田が会場を見渡し、事務所関係者を見つけるしぐさを見せながら「OKでました」とGOサインを出した。「いいよ、じゃ特別に」と応じ、渋谷に大倉が「上から目線!」と突っ込み、撮影のくだりを笑いに変えていた。

 作品は全国779スクリーンで上映。興行収入40億円が見込まれ、今夏の映画公開作品1位を狙う位置につけている。全世界ですでに上映されており、海外累計興行収入は730億円とヒットしている。