カルト的な人気を誇る映画『ファイト・クラブ』が1999年に公開されてから18年。ブラッド・ピット演じる“理想の男”タイラー・ダーデンは今も、海外の男性向けサイトの「男が理想とする映画キャラの体」ランキング常連なのだが、その鍛え抜かれた肉体は一体、どうやって作られたのだろうか?

https://www.youtube.com/watch?v=dC1yHLp9bWA

出典: www.youtube.com

撮影時のブラピの体脂肪率は、なんと5〜6%。決してムキムキではないものの、ほどよく筋肉のついた体作りのため、彼は曜日ごとに“重点的に鍛える箇所”を決めてトレーニングしていたという。

例えば月曜日は腕立て伏せ25回を3セット、約75キロ・90キロ・100キロのベンチプレスをそれぞれ繰り返すことで“胸”を強化。火曜日は“背中”デーで、懸垂25回を3セットや、座った状態でグリップを握り、手前に引くシーテッドロウ。そのほか、ボディビルダーとしても鳴らしたアーノルド・シュワルツェネッガーの筋トレをもとにした“アーノルド・プレス”で三角筋、つまり“肩”を鍛え、さらにはリフティングのカール数種類を組み合わせた“上腕”トレーニングや有酸素運動も取り入れていたという。

また「体作りには食べ物も大事」ということで、食生活も徹底。卵6〜7個&オートミールと、ロッキーもびっくりの朝食から始まり、ツナや鶏のむね肉、緑色野菜、バナナ、低脂肪のカッテージチーズ、そしてタンパク質が豊富なプロテインバーも摂取していたそうだ。

女性だけでなく、男性をも虜にしてしまったブラピ=タイラー・ダーデンの引き締まったヤセマッチョボディ。今日から同じトレーニング&食生活の見直しを始めれば、1ヶ月後にはタイラーに少し近づいているかも?

Here's Exactly How Brad Pitt Got So Insanely Shredded for 'Fight Club'

出典: www.youtube.com
https://www.maxim.com/entertainment/fight-club-brad-pitt-workout-2017-7