マン喫でイッキ読み!「20〜30代が読んだらハマる漫画」10選をコミックマイスターに聞いた

写真拡大

仕事やプライベートに追われる20〜30代の皆さん、休日はしっかりリフレッシュしていますか? たまには漫画喫茶にこもって、がっつり漫画を読みふけってみるのはいかがでしょう。

【マンガ】連載当初と話が違う! 読者を置いてけぼりにした“伝説の超展開マンガ”5選

といっても忙しい社会人にとって、何十巻もある長編漫画に手を出すのはなかなかハードルが高いですよね。

そこで今回、池袋の漫画喫茶・ハイリーファイブカフェのコミックマイスター、太田繁和さんに20〜30代におすすめの漫画を5作品ずつ厳選していただきました。

少年漫画編

太田さんは月に100作品ほど発売されるコミックから、ハイリーファイブカフェに入れる作品の選定をされています。そんなコミックのプロフェッショナルである太田さんが選ぶおすすめ作品とは?

まずは少年漫画編から。

1位:鋼の錬金術師

2001年から2010年まで月刊少年ガンガンで連載された大人気ファンタジー。禁忌とされる人体錬成を行った二人の兄弟・エドワードとアルフォンスの旅を描いた壮大な物語。

太田さん「作品のプロットがしっかりしていて、1話から張り巡らされた伏線がダーッと回収されるのが気持ちいい作品です。テンポがよくて、単行本27巻とは思えないほど内容は濃密です。子どもでももちろん楽しめますが、大人こそ楽しめる漫画だと思います。重要なキーワードである"等価交換"とか、大人になると言葉の重さが染みますね」

ハイリーファイブカフェでも人気作品という「鋼の錬金術師」。早ければ5時間ほどで読破できるので、漫画喫茶にこもって読むのにもぴったりです。

2位:幽☆遊☆白書

1990年から1994年まで週刊少年ジャンプで連載された作品。交通事故で死亡した主人公の浦飯幽助が霊界探偵として生き返り、仲間たちと共に強敵に立ち向かっていくバトル漫画。

太田さん「作者の冨樫先生は現在、HUNTER X HUNTERを連載中です。休載が多くてハンターロスになっている方は、冨樫作品の原点ともいえるこの幽☆遊☆白書を読んでほしいですね。全19巻と短いのも読みやすいポイント。冨樫作品はやっぱり面白いなと実感できると思いますよ」

30代には馴染み深い「幽☆遊☆白書」ですが、20代くらいだと読んだことのない方もいるかも? この機会にぜひ。

3位:ろくでなしBLUES

1988年から1997年まで週刊少年ジャンプで連載された学園漫画。ヤンキー(不良)漫画であり、ギャグ漫画であり、ボクシング漫画でもある。リーゼントやパンチパーマといった当時の不良ファッションが30代には懐かしい。

太田さん「42巻まで連載された長編漫画で、何度読んでも笑えるギャグセンスは時代を超えますね。僕は34歳なのですが、子どもの頃は高校に上がったらろくでなしBLUESみたいな世界が待っていると思っていました。それはなかったですが……(笑)。ラブコメ要素もあって、女性にもおすすめできる作品ですよ」

ただ懐かしいだけじゃなく、燃えて笑って泣ける、そんな作品です。

4位:シャカリキ!

1992年から1995年まで週刊少年チャンピオンで連載された自転車・ロードレース漫画。2008年には実写映画化もされた。

太田さん「今、自転車漫画といえば『弱虫ペダル』になるんだと思いますが、僕らの世代的には『シャカリキ!』も外せません。『め組の大吾』などを描いた曽田正人先生作品で、物語を盛り上げるのがとにかくうまい。読んでいると鳥肌が立ちます。『弱虫ペダル』とはまた違ったタイプの自転車漫画です。自転車漫画自体が他のスポーツにくらべると作品数少なめなので、『弱虫ペダル』から自転車の魅力を知った方もぜひ読んでほしいですね」

全18巻と読破しやすい巻数なのもお手頃。漫画喫茶などで一気読みしてもよさそうです。

5位:新ジャングルの王者ターちゃん

1988年から1995年まで週刊少年ジャンプで連載されたギャグ漫画。当初は一話完結のギャグ漫画で、途中から格闘漫画の色が濃くなっていくが、ギャグセンスは相変わらず。

太田さん「今読もうとするとけっこうレアな作品です。漫画喫茶では全巻セットでそろっていることが少なくて、漫画喫茶に行ったときは必ず『新ジャングルの王者ターちゃん』がそろっているかをチェックしています。それが漫画喫茶の品揃えの一つの基準なんですよ。基本的に下ネタ多めのギャグ漫画なのですが、格闘漫画としても面白いですね。ギャグって時代に左右されるので、ギャグ漫画自体も時代が変わると消えていったりするんですが、この作品は今でも愛されているのがすごいですね」

人気作品だらけでまさに黄金期だった90年代の週刊少年ジャンプ。その中でも異彩を放っていたギャグの切れ味を楽しんでみては。

少女漫画編

1位:彼氏彼女の事情

1996年から2005年まで「LaLa」で連載された作品。虚栄心から優等生を演じる主人公・雪野と、本物の優等生である有馬の恋愛模様を描く。

太田さん「全21巻と長く続いた名作ですよね。注目すべきはアニメ版の監督を、エヴァンゲリオンやシン・ゴジラの庵野秀明監督が務めていたこと。意外と知られていないんじゃないでしょうか。アニメも原作も高く評価されている作品なので、知らなかったという方や、アニメは見たけど原作は読んだことなかったという方にぜひおすすめしたいです」

文句なしに面白くて気軽に読める作品。女性だけでなく、男性にもおすすめです。

2位:ハチミツとクローバー

2000年から2006年にかけて掲載誌を変えながら連載された作品。美大を舞台に大学生たちの人間模様を描いた群像劇。

太田さん「作者の羽海野チカ先生といえば『3月のライオン』が有名。合わせてこちらも読んでみてください。ほんわかした世界観ですっきり読めます。僕が高校生くらいのときに回し読みしていたのですが、男性でも抵抗なく読めました。20〜30代にはぜひ手にとってみてほしい作品です」

実写映画も話題になった傑作。原作を読んだ後に映画を見ても楽しそう。

3位:ふしぎ遊戯

1992年から1996年にかけて少女コミックに連載された作品。古代中国をモチーフにした異世界ファンタジー。

太田さん「これも懐かしい! という方が多そうですね。主人公が本の中に入って異世界へ飛ぶファンタジー漫画ですが、こういう超展開がザ・少コミって感じでいいですね。SFとイケメンという組み合わせが好きな方におすすめです」

新作が掲載されたりミュージカル化されたりと、現在でも根強い人気のある本作。原作から入ってシリーズを追いかけてみても面白そうです。

4位:ママレード・ボーイ

1992年から1995年までりぼんで連載された作品。両親のパートナー交換という設定は今読んでも斬新。アニメ化の他、台湾で実写ドラマ化されるなど国際的な人気を誇る。

太田さん「けっこうどろどろした恋愛模様なんですが、そこが面白いです。実は姫ちゃんのリボンとどちらを選ぶか悩んだのですが、今回はこちらで! 少女漫画史を語る上でも、おさえておくべき金字塔的な作品ではないでしょうか」

全8巻とお手頃な長さなのも読みやすいですね。

5位:NANA

2000年からCookieで連載され、現在は休載中となっている作品。小松奈々と大崎ナナ、二人の"NANA"と、彼女らを取り巻く人々が繰り広げる人間模様は読み応えがある。実写映画は大ヒットし、社会現象を巻き起こした。

太田さん「あのおしゃれ感には皆ハマりましたよね。ナナとハチとその周りのコミュニティで展開される恋愛模様はとにかくすごかった。別れるし浮気するし死んじゃうしで、衝撃でした。現在は休載中ですが、ぜひ再開してほしいですね。とりあえず現在のところまで読んでおきましょう!」

完結していない作品ではあるものの、ぜひ最新刊まで読んでおきたい作品です。

番外編

少年漫画、少女漫画以外にももちろんおすすめ漫画はたくさんあります。番外編として、太田さんに2作品おすすめしていただきました!

青年誌:疾風の隼人

太田さん「『ムダヅモ無き改革』の大和田秀樹先生の政治漫画。戦後まもなくの日本で何があったのか、誇張もされていますが、よく再現されていて面白いです。案外、そのあたりの時代を舞台にした漫画って少ないんですよね。僕が歴史物が好きというのもありますが、ぜひ日本の歴史を振り返る意味でも読んでみてほしい作品です」

少女漫画:パタリロ!

太田さん「ちょっと前にネットで埼玉への愛あるディスで有名になった『翔んで埼玉』という漫画が話題になりましたが、同じ作者の魔夜峰央先生による名作『パタリロ!』もおすすめです。親戚の家に置いてあった漫画ランキング1位じゃないでしょうか(笑)。

ギャグ漫画なのですが、SF、ミステリー、時代劇などすべての要素がつまった不朽の名作です。魔夜峰央先生のギャグセンスに酔いしれてみてください」

現在連載中の漫画1000作品分のストーリーが頭に入っているというコミックマイスター・太田さんがおすすめする20〜30代におすすめの漫画10選(+2)、ぜひチェックしてみてください。

太田さんがコミックを選定するハイリーファイブカフェは、「大人のための漫画喫茶」をコンセプトにした池袋のお店。シアター設備やカラオケ、アルコールドリンクバーなど、大人のための設備を併設しており、シックで高級感あるスペースでゆったりとした時間を過ごすことができます。

8/3には2号店となる渋谷店もオープン。渋谷店はウッド調で明るい内装で、デートにも使えそう。
漫画をまとめ読みするなら、ハイリーファイブカフェおすすめです。