河本準一(次長課長)

写真拡大

10日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、次長課長河本準一がauのCMギャラが「20万円」だったと告白した。

番組では、お笑いコンビ・バンビーノの2人が登場し、リズムネタでブレークしていたころと現在のギャラ事情を語った。

バンビーノのCMギャラは「25万円」だったそうで、その低さに出演者たちが苦笑する。一方で、河本だけが「だいたいそんなもんです」と、同じ所属事務所の吉本興業のマージンに同意したのだ。

続けて、河本が自身が出演したauのCMギャラが「20万円」だったと明かす。さらに、週刊誌によると共演者である俳優・妻夫木聡のギャラは、河本と同じ出演時間にも関わらず「5000万円」だったと報じられていたそうだ。

だが、河本のギャラは事務所内では「結構、もろたな」と評されるとか。河本は、企業はCM出演者に「同じ額を支払っている」はずだと推測し、周りから「取り分が全然違う」と指摘されていた。

【関連記事】
テレビから消えたバンビーノ 結婚式営業で「ダンソン」ネタが大ウケ
河本準一の母親の生活保護費騒動 有田哲平がチクリ「世間は冷たいね」
桐谷健太が人気CMの舞台裏を明かす 「浦ちゃん」の設定は自身の発案だった