10日、四川省北部で起きた地震に対し、最も多くの寄付を表明した芸能人はアクションスターのジャッキー・チェンとなっている。

写真拡大

2017年8月10日、新浪によると、8日夜に四川省北部で起きた地震に対し、最も多くの寄付を表明した芸能人はアクションスターのジャッキー・チェン(成龍)となっている。

【その他の写真】

8日夜、四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県でマグニチュード(M)7.0の地震が発生。ユネスコの世界遺産にも登録されている有名観光地で発生した地震だけに、国内外で注目度は非常に高い。

今回の地震で真っ先に寄付を表明したのは俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)で、自身の慈善基金会を通じて50万元(約820万円)を寄付。さらに救援物資を届けることも明らかにしている。「壹基金」を設立し、現在はチャリティー活動に重点を置いているジェット・リー(李連杰)は100万元(約1640万円)を寄付。日頃からチャリティーに熱心なジャッキー・チェンは、英皇娯楽集団(EEG)のアルバート・ヨン(楊受成)会長と連名で1000万元(約1億6400万円)を寄付しており、これが現段階で寄付を表明した芸能人の中では最高額となっている。

現在、映画「戦狼2」が中国で大ヒット公開中で、興行収入は34億元(約558億円)を突破。中国映画市場の歴代興収ランキングで1位となっている。同作品の監督&主演のウー・ジン(呉京)は100万元(約1640万円)の寄付を表明したが、一部のネットユーザーからは「稼いでいるくせにケチだ」といった批判の声が上がった。これに対し、「善意に金額は関係ない」「いっそ金額は非公開にすべきだ」といった声もあり、自然災害が発生するたびネット上で見られるお決まりの論争が早くも展開されている。(翻訳・編集/Mathilda)