おもちがごろっと!宇治金時のカップかき氷「おもちごろ 抹茶あずき氷」レビュー

写真拡大 (全4枚)

小さなカップに「宇治金時」が凝縮された「抹茶あずき氷」

日本の夏の食べ物と言えば、冷たくてカラフルな「かき氷」。冷たい氷を口に含んだ瞬間、頭がキーン!と痛くなるのも、これまた一興ですね。

中でも、細かく砕いた氷に砂糖入りの甘い抹茶シロップをかけ、その上にあんこを乗せた和風かき氷「宇治金時」は、押しも押されぬ不動のロングセラーとなっています。

森永乳業株式会社から2016年に発売された「おもちごろ 抹茶あずき氷」は、そんな宇治金時の魅力を小さなカップの中に「ギュッ」と凝縮させた「抹茶あずき氷」です。

「宇治金時」も、近年ではカップ入りとなり、手軽に楽しめるようになりました。

滑らか氷の宇治金時と、歯ごたえあるおもちの粒

宇治金時は、最近では氷に抹茶シロップとあんこを乗せるだけでなく、更にその上に白玉団子のような小さな餅を乗せたり、ホイップクリームやアイスクリームを乗せるなど、バラエティ豊かになっています。

カップかき氷「おもちごろ 抹茶あずき氷」は、そんな近年の宇治金時を、見事に再現しています。ふたを開けると、抹茶の緑色が鮮やかなかき氷の真ん中にこしあんが乗せられ、その周りにはお餅の小さな粒がトッピングされています。

そのお餅の粒の多さに驚かされます!

一口食べてみると、甘くてほのかにほろ苦い抹茶味と、甘みの強いあんこがベストマッチ!氷は「いかにも氷!」というガリガリした感じではなく、シャーベットのような滑らかさです。

かき氷に抹茶シロップをかけているのではなく、抹茶味の氷を細かく砕いた「抹茶氷」だからこそ、このような抹茶ジェラートのような食感が出せるのでしょう。

カップの周りには、小さな「おもち」の粒が散りばめられるように沢山入っています。「おもちごろ」という商品名ではありますが、「おもち」が「ごろ」っと入っているというよりは、小さなお餅の粒が「ころころ」と言った方が合うかも知れません。

そしてお餅は「やわもち系」というよりは、グミのような弾力があり、歯ごたえが感じられます。

スーパーなどで手軽に購入できるとはいえ、その食べ応えは充分です!夏の暑い日に、一度試してみてはいかがでしょうか?

おもちごろ 抹茶あずき氷