ヘック家と視聴者にふさわしいハッピーエンドに - 写真は「ザ・ミドル 〜中流家族のフツーの幸せ」シーズン8より
 - Michael Ansell / ABC via Getty Images

写真拡大

 3人の子供と共働きの両親の中流家庭を生活感たっぷりに描いた米テレビコメディー「ザ・ミドル 〜中流家族のフツーの幸せ」が、第9シーズンで終了することをクリエイターのアイリーン・ハイスラーがEW.comに明かした。

 同ドラマでは、主人公のヘック家の両親フランキーとマイクをパトリシア・ヒートンとニール・フリンが、3人の子供たちアクセル、スー、ブリックをチャーリー・マクダーモット、イーデン・シェール、アッティカス・シェイファーが演じている。

 「昨年末、キャストと話をしました。お別れをするのに1年必要だったんです。語りたかったさまざまなストーリーがありましたから」とアイリーンはコメント。

 ABCエンターテインメントの社長チャニング・ダンギーは「ヘック家は約10年にわたり、ABCファミリーの一員でした。テレビシリーズがこれほど長続きするのはとても珍しいことで、わが局で放送されていたことを誇りに思います。フランキーとマイクのユニークな子育てのもと、アクセル、スー、ブリックが成長するのをわれわれはずっと見てきました。プロデューサーたちが用意してくれる、ヘック家と視聴者にふさわしいハッピーエンドを楽しみにしています」とDeadlineなどにコメントしている。

 最終シーズンは10月3日からアメリカで放送が始まる。(澤田理沙)