人民武力省軍人集会(2017年8月11日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮で10日、同国政府が7日に発表した声明を支持し、反米対決戦の勝利を決意する人民武力省(国防省)軍人集会が行われた。朝鮮中央通信が11日、伝えた。

集会には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李明秀(リ・ミョンス)、朴永植(パク・ヨンシク)の各氏をはじめ朝鮮人民軍(北朝鮮軍)指揮メンバー、人民軍将兵、各級軍事学校の学生が参加した。

集会では北朝鮮政府の声明が朗読され、朝鮮人民軍の李明秀総参謀長が演説した。

李氏は演説で、「もし、米国がわれわれの思想と体制、わが人民を抹殺しようとする無謀な試みを止めずに軽挙妄動するなら、天下無敵の朝鮮革命武力はわめく者、悲鳴を上げる者もいないように最も凄絶で無慈悲な懲罰を与える」と言明した。