次長課長の河本準一

写真拡大

 次長課長河本準一が10日深夜に、自身がMCを務めるテレビ東京系「じっくり聞い タロウ〜スター近況報告〜」(木曜深夜0時12分)で、営業のギャラがたこ焼きだったエピソードを語った。

 同じ吉本興業所属の後輩であり、リズムネタで2015年にブレイクしたお笑いコンビ・バンビーノが一番忙しかった時期のギャラ事情についてトークしていて、同じ時期にブレイクしたクマムシのギャラが自分たちの30倍だったというくだりで、河本が「僕、(ギャラが)たこ焼きの時があった」と仰天エピソードを語り始めた。

 大阪の梅田から難波までを練り歩く“御堂筋パレード”の営業で、着ぐるみを着て真夏の35度の炎天下で歩き続け、パレード終わりに河本が着ぐるみを脱いだところ、「ごめんな。今日、(ギャラ)たこ焼きやねん」と、熱々のたこ焼きを差し出されたという。

 芸人のギャラ取り分が少ないという吉本ならではの話を聞いていて、番組ゲストの佐藤かよが「そうなると、事務所を変えたいなとか、なったりしないんですか?」と質問。答えに困ったバンビーノ・石山大輔が「その話は河本さんからちょっと…」とはぐらかすと、河本は「俺はそんなのみじんも思わへん。本当に会社あっての私です!」と絶妙の回答で爆笑させた。