コンビニや百貨店などでトイレを利用すると、こんな貼り紙を目にすることがあります。

お客様へ

大量のトイレットペーパーを流されますと、トイレが詰まる場合がございます。

ご注意ください。

「多くのトイレットペーパーを流すと詰まることがあります」という注意喚起の貼り紙。

特に珍しいものではありません。

しかし、ダリッタ(@daridaridaritta)さんが目撃し、Twitterに投稿した貼り紙には少し変わったところがありました。

文言そのものは、よくある注意喚起なのですが…。

トイレットペーパーがいってる!!!

これには、投稿者さんも突っ込まざるを得なかったようです。

この写真がTwitterに投稿されると、「笑った!」と多くのコメントが殺到します。

これはワザとなのかな。それとも単なるミス…。腹話術かよ!笑える。よく気付きましたね。最初、見た時は意味が分からなかった。

「ミスなのか」「意図的なのか」と、多くの人が困惑しているようです。

トイレットペーパーが話すことはないので、普通に考えればミスということになるのでしょうが、注意喚起として「注目を集めること」が目的なのであれば、意図的と考えることもできます。

どちらにしても「大量のトイレットペーパーを流してはいけないこと」が多くの人に伝わったという意味で、この貼り紙は大成功なのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]