美輪明宏

写真拡大

10日放送の「くろげん+」(NHK総合)で、美輪明宏が自身の原爆体験を語り、戦争反対を訴えた。

番組では、「夏休み課外授業 親子でまなぼう! “戦争とテロ”」として、様々な国の子どもたちの戦争体験を聞き、池上彰氏と美輪が子ども出演者たちと意見を交換した。

その中で、美輪も自身の体験を明かし、10歳だった1945年8月9日、長崎で被爆したことを振り返っていた。投下直後の街や焼けただれた市民の凄惨な様子を子どもたちに語りかける。また息子を戦地に送る母親に対する仕打ちを目の当たりにしたそうで「思い出しても涙が出る」と目をうるませていた。

美輪によると、生還を強く望んだ母親が軍人に襟首を捕まれ鉄柱に叩きつけられていたそうだ。結局、その息子は戦死したそうだが、最後に見た母親の顔が血だらけだったことがかわいそうだったと想いを馳せる。

戦中の記憶から、美輪は「だからね、軍閥とか軍国主義のね、そういう連中に権力を持たせるのは絶対ダメ!」と力強く子どもたちに諭した。続けて、自由を奪われた戦時中でも「反抗心」「反権力」を失わなかったとし、戦後、美輪が“ヴィジュアル系”を始めたのは「これは私の戦闘服」「自由のための戦闘服」だったと説明していた。

【関連記事】
美輪明宏が情報収集のため街中で女子をお茶に誘ったことがあると明かす
美輪明宏がコンビニを絶賛するワケ「一流ホテルより工夫している場合も」
桂歌丸が「戦争を知らない政治家」に苦言 ネット上で反響