チリの英雄パブロ・ネルーダの半生描く パブロ・ラライン監督最新作『ネルーダ』11月公開

写真拡大

 チリの国民的詩人パブロ・ネルーダの半生を追った映画『NERUDA』が、邦題を『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』として11月11日に公開されることが決定。あわせて、ビジュアルが公開された。

参考:荻野洋一の『ジャッキー』評:女性の一代記にせず、“倒錯の儀式”を描いた潔さ

 本作は、詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞した、チリの詩人で共産主義の政治家パブロ・ネルーダの伝記映画。その思想ゆえにチリ政府から追われるようになったネルーダが国外逃亡を余儀なくされた、1948年の1年間に焦点を当て、弾圧のなかで彼がいかに代表作『大いなる歌』を生み出したのかに迫る。

 メガホンを取ったのは、『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』パブロ・ラライン監督。『ナルコス』のルイス・ニェッコがネルーダ役を演じ、ネルーダを追う警官ペルショノー役を、『ノー・エスケープ 自由への国境』ガエル・ガルシア・ベルナルが務める。

 公開されたビジュアルには、チリの国旗をバックに、強い眼差しを示すニェッコとベルナルの姿が映し出され、2人の表情から第二次世界大戦真っ只中の厳しい状況が表現されている。(リアルサウンド編集部)