福岡県にある高瀬花園(@takase_farm)では、お盆に向けて出荷作業が多忙を極めています。

丹精込めて育てられた美しい花々が、各地に配送される予定です。

ところが、出荷作業中にトラブルが発生!

作業の際に出る廃棄物に、住み着いてしまう者が現れたのです。住民は立ち退きを、断固として拒否。

これでは作業が進みません…。

立ち退きを拒否している住民、ぺこ氏の意見を聞いてみましょう。

「立ち退きはしない」

「自らの意思でここに住むことにした」

「絶対に立ち退かない」

住民の意志の強さが表情から読み取れます…!

なお、住民の周辺の廃棄物を撤去する前はこのような状態でした。廃棄物に囲まれ、安らいでいる様子です。

高瀬花園と住民との間のトラブルは話し合いでの解決は見込めない状況。このまま、住民の抵抗は続くのでしょうか。

お盆を直前に控え、高瀬花園スタッフのため息が聞こえてくるようです。しかし、この様子では立ち退きを強制することはできないでしょう…。

[文・構成/grape編集部]