「おとちゃんどうだった?」第5回
お久しぶりです、村東さん! そしてインコのおとちゃん美容師になるの巻。

手作りのおもちゃをインコのおとちゃんに贈り、その反応を飼い主であり、カメラマンでもある村東剛さんから教えてもらうこの企画。今回のおもちゃのテーマは「ビューティーサロン」。果たしておとちゃんは、おもちゃを気に入ってくれたのか?

あの人が、Hanako編集部にやってきました。

そうです、それは誰あろう…

村東さんです!

おとちゃんの飼い主であり、この連載のカメラマンでもある村東剛さん。普段は関西にお住まいですが、この日は東京に用事があり、Hanako編集部に寄ってくださったのです。

私「わーお久しぶりです!」
村東さん「久しぶりやね〜元気でした?」
私「いつもおもちゃ、ギリギリだったり手抜きだったりですいません」
村東さん「はいはい、僕もがんばってるよ」

冒頭、ひとまず謝ったところで、話題はすぐおとちゃんの近況に。

私「おとちゃん、元気ですか?」
村東さん「元気ですよ」
私「この連載がおとちゃんの負担になっていないか心配で」
村東さん「おもちゃが気にいらないことはあるけど(ズバリ)、無理はさせてないから心配しないでええよ。はい、おみやげです」

おとちゃんグッズをいろいろいただきました。うれしいうれしい! 

せっかくの機会なので編集長にも村東さんをご紹介。

※写真を撮り忘れました。

編集長「いつも夜中に編集部でおとちゃんページのゲラを見て癒されています」
村東さん「そう言っていただけると嬉しいです」
編集長「……そうか。僕はいつも誌面のかわいいおとちゃんの写真ばかり見ていたので……」

編集長「ちょっと想像していた方とは違いました笑」
村東さん「よく言われます笑」

あはは。すいません村東さん、ウェブでもいじっちゃって。笑
本題へ行きましょう。

よりよいおもちゃを作るには。

それから村東さんと話したことはもっぱら、おとちゃんが喜んでくれるおもちゃとは何ぞや?ということ。最近のおとちゃんがどんなことに興味があるのか、何が好きなのか。村東さんが教えてくれるニューでホットなおとちゃん情報をもとに議論は白熱。

おもちゃのアイディアを紙に書き出していきます。

森?

おとちゃんがいっぱい。

村東さん「うーん。おとちゃんが楽しく遊べて、写真に撮ってかわいく、テーマも面白い…ええのないかなあ」

アイディアはポロポロ出るものの、議論は迷走。なかなかコレ!と思う具体的な案には行き着きません。

私「ついにあの奥の手を使う時がきたか…」

実は私には、ずっと腹に温めていた奥の手がありました。

そもそも。

私がおとちゃんと出会ったのは2015年のこと。Hanakoに異動する前、別の雑誌での取材がきっかけでした。

当時私は、村東さんの写真集『インコのおとちゃん』が好きすぎて、「インコのいる朝を取材する」という半ばこじつけのテーマで、関西の村東さんの家を訪問したのです。(当時の編集長に感謝。)

そのときに接したおとちゃんのかわいさは、筆舌につくし難いものがありました。部屋に入ってきた私を見て「誰?」って感じでちょっとツンと冷たくしてみるおとちゃん。でもそれから肩や頭に乗ってきたり、レシートを楽しそうにかじかじしたり、朝の水浴びをしたりするおとちゃん。

いい子やわあ! 賢い子やわあ!

と私まで関西弁になって涙するほどかわいかったのです。

そのとき、私がおとちゃんへのおみやげに持っていったのが、このおもちゃでした。

ビニールの紐に、ビーズをくくりつけたこのおもちゃ。これを好きなインコさんは多い(私調べ)。村東さんが袋から出すやいなや、おとちゃんは初めて見るおもちゃにも関わらず、サササとすばやく近寄ってきました。

↑その時の写真。シマシマセーターは村東さん。

おとちゃん気に入ってくれたんやなあ。うれしいわあ。と男泣きしていると、さらに後日、村東さんから「あのおもちゃ、おとちゃんがこんなにバラバラにしました」とメールが。

↑メール添付用にデータを軽くしてあったので、ちょっと画像が荒いかしらん?

つまりこういうことです。

ビニールの紐×ビーズ=大ヒット、の法則。

場面を編集部に戻しましょう。

私「いつか私がおみやげにした、ビニール紐を素材に使うのってどうでしょう」
村東さん「おとちゃん、あの紐の結び目をほどいたり噛んだり、好きやもんね〜。”散髪”なんかおもしろいんちゃうかな!」
私「あっ、おもしろそう!」
村東さん「ビニール紐を髪にして、ビーズで飾り付けとか〜ええよね」

私「こんな感じですか?!」
村東さん「ばっちりやね!(ビシッ!)」
私「決まりですね!!」

こんなヘタクソな絵でも、私たちには見えました。同じビジョンが!

そうして出来上がったのがこちら。

(以下、撮影・村東剛さんです)

テーマは「おとちゃんビューティーサロン」。

おとちゃんはビニール紐が大好き、と聞きつけたビニール髪のお客たちが、美容室に押し寄せました。

ヒゲとリーゼントのダンディ。

金髪フワフワロングのおじょうさま。

アーティスト感が醸し出るボーイ。

謎の生き物。

ダンディから謎の生き物まで、個性的なお客さんの予約でいっぱいです。

おとちゃんどうだった?

では、カリスマ美容師・おとちゃんの1日に密着するドラマ風でいってみましょう。

開店早々、4人のお客さんが押し寄せたおとちゃんビューティーサロン。まずはひとりひとりの髪の状態をチェックしていきます。

ふむふむ。アーティスト風の彼は、ちょっと髪が傷んでいるようですね。ケアをしてあげないと。

ダンディなおじさまは、伸びすぎだけれど艶のある、いいおヒゲです。

ヒゲが気に入ったのか、まずはダンディに焦点を定めたおとちゃん。アシスタント(村東さん)の助けを借りつつ、丁寧に整えていきます。

リーゼントの形も整えて…

ここで出ました!おとちゃんの得意技「足掛けヘアーセット」。足をかけられるダンディ側はハラハラですが、この技により、ダンディさんはいっそうパリッと、ダンディ増量に仕上がったのでした。

あっというまに一人目の接客を終えたおとちゃん。続いてアーティスト風な彼のヘアセットにとりかかります。

ところが、彼は髪が傷んでいて硬く、なかなか噛み切れません。

しばらくがんばっていたものの…

諦めてランチ休憩。カリスマ美容師たるもの、オンとオフの切り替えは大事です。

午後になると、金髪おじょうさまの髪のからまりを丁寧にほどきます。

長いからやっかいですね。

あら、この髪飾り素敵ですね、なんて世間話をしたあと…

今度は別のお客様のお召し物に興味しんしん。帽子、ちょっと破壊しちゃってます。

ひとしきり帽子の質感を楽しんだ後、カットにとりかかります。実はこの人の髪の毛は、いつかおとちゃんが熱中した、あのおもちゃと同じ素材。

さすがおとちゃん、それがわかったのか、手際よく毛先をカットしてビーズを外していきます。さあ、ここからが腕の見せどころです!

って、あ、あれ? おとちゃん?

なんと、ここで定時がきてしまいました。颯爽とビューティーサロンをあとにするおとちゃん。残りの仕事はまた明日。おいしいものを食べて、ゆっくり休んでね。

村東さんとの協力作第一弾は、こうして一定の成果をおさめることができたのでした。

●連載の過去記事はこちら
●村東さんによる、おとちゃんの近況はこちら。