【日本初独占インタビュー】まだ見ぬ美女ゴルファー、ユ・ヒョンジュが語った“ニッポン”

写真拡大

イ・ボミ、キム・ハヌル、アン・シネ。次々と日本女子ツアーにスターを送り込んできた韓国ゴルフ界で、今ファンからの熱い注目を集めている選手がいる。

“次世代セクシークイーン”と呼ばれているユ・ヒョンジュだ。

これまで優勝経験はなく、目立った成績を残しているとはいえない。それでもアン・シネに勝るとも劣らないビジュアルが男性ファンを虜にしているそうだ。

昨年からユ・ヒョンジュを追いかけてきた韓国の名物カメラマンであるカン・ミョンホ氏によると、ユ・ヒョンジュが記事になるとアクセス数もアップするらしい。

カン・ミョンホ氏は、ユ・ヒョンジュやアン・シネといった女子ゴルファーたちはもちろん、野球チアリーダーにマッスル美女など数多くのスポーツ女神を撮影し、その写真コラムで有名になった人気カメラマンだが、そのカン・ミョンホ氏から見ても、「ユ・ヒョンジュはモノが違う」という。

(関連記事:写真36枚!! 韓国の永遠のカメラ小僧カン・ミョンホが捉えてきた“スポーツ女神”たち

そんな彼女の素顔や本心を探るべく、韓国で独占インタビューを行った。最後となる今回は、ユ・ヒョンジュが考える日本ゴルフについて迫る。

――日本の女子ツアーにはどんなイメージを持っていますか。

先輩から日本は選手に対する待遇が素晴らしく、ファンも温かいと聞いています。選手としてとても力になるし、おもしろいと聞いているので、とても肯定的なイメージを持っています。

――では、知っている日本のゴルフ選手はいますか。

宮里藍選手と不動裕理選手ですね。宮里藍選手はスイングがとてもアップライトで、とても個性があるという印象があります。

不動裕理選手も中継を見ると、いつもニコニコ笑っていて、ファンサービスが素晴らしいと感じました。

幼い頃からテレビで日本の選手を見てきました。日本の選手は小さくてかわいらしい選手が多い印象で、韓国の選手はもう少しさっぱりした感じがあります。それぞれスタイルの違いがあるように思います。

――日本ではイ・ボミ、キム・ハヌル選手ももちろんですが、今季はアン・シネ選手も注目を集めています。

アン・シネ選手は、注目を集めておかしくないと思います。ビジュアル的なアピールがうまく、実力もしっかりとした選手なので、日本でも愛されると思います。

アン・シネ選手だけではなく、今季もユン・チェヨン選手やイ・ミニョン選手など、多くの先輩たちが日本に挑戦していますよね。そんな先輩たちの活躍を見ていると、「自分もできる」という気持ちになれるし、お手本にもなります。

国内を越えて海外ツアーで実力を発揮していることに対して、尊敬する心もあるし、いろんな感情が生まれますね。

――ゴルフ以外の話も聞かせてください。日本にはどんな印象がありますか。

実は、まだ一度も行ったことがなくて…。今年中に数日間でも日本に行けたらと考えているんです。

日本は、とにかく食事がおいしいと聞いています。場所でいえば、東京や大阪に行ってみたいですね。食事をして、日本の文化に触れて、日本の人たちはこうやって暮らしているんだという姿を見てみたいです。

――韓国の20代女性は日本の文化、特に芸能人やマンガに詳しいですが、ユ・ヒョンジュ選手はどうですか。

私はもともと芸能人に関心を持つ性格ではなくて、韓国の芸能人もあんまりよく知らない(笑)。

SNSなどを通じて流行にも触れていますが、トレンドを追いかけるほうでもないんです。自分が気に入ったものは受け入れるといった感じで。

だから、日本のイメージは食事や清潔さ、快適さ、そんなところです。物事の考え方がとても良いと聞いているので、学ぶところが多いと思います。

――ずばり、日本ツアーに参戦する可能性は?

まずは韓国ツアーで結果を出すことですね。韓国である程度の結果を残せたら、日本ツアーに行ってみたい気持ちは十分にあります。

海外ツアーの経験は、それ自体が意義深いことだと思っているので、いつでも希望を持っています。(了)

(文=慎 武宏)