有吉弘行

写真拡大

10日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、タレントの有吉弘行が、過去にコンビ名を改名していたことを明かした。

番組では「有吉が徹底解剖 意外と知らない有田哲平 波乱万丈人生」と題し、ゲストのくりぃむしちゅー・有田哲平の半生を特集した。

有田は過去に「新ウンナンの気分は上々。」(TBS系)の企画で、コンビ名を「海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)」から「くりぃむしちゅー」に改名し、以後、バラエティ番組で活躍している。有田は当時について、ようやく海砂利水魚というコンビ名が浸透しはじめたにも関わらず、改名することになってしまい、かなり抵抗があったのだと明かす。改名したばかりの頃は「本当に大変でした」「楽屋にくりぃむしちゅーって書いてあったの(を見て)もう終わったって思った」と、絶望感を抱くほどだったそう。

有吉も「ぼくら後輩も見てて、これ終わったぞって思ってました」「くりぃむしちゅーなワケないじゃん!」とツッコミを入れて、笑いを誘った。

そんな有吉に、有田は「有吉もその流れであったよね?」と、かつてのコンビ「猿岩石」も改名していたことに触れた。

有吉が「ぼくらはもっともっと深夜番組のマイナー番組で」「手裏剣トリオに改名して、こっそりまた猿岩石に戻した」「何の話題にもならなくて!」と当時、改名ブームに乗ったが失敗してしまったことを自虐的に語ると、ほかの出演者は大ウケしていた。

【関連記事】
有吉弘行がロケ中に生きたトンボを口にする暴挙…共演者が悲鳴
田中みな実 有吉弘行の下ネタ発言にマジ注意「ダメです。番組収録中です!」
有吉弘行 招かれて複雑だった音楽番組を明かす