宮崎駿監督(76)の“最後”の新作長編アニメーション映画の製作が本格始動したことが10日、スタジオジブリの公式サイトで明かされた。

 宮崎監督は2013年に長編アニメ製作からの引退を表明したが、新作の準備に入ったことが今年5月に発表されていた。公式サイトによると、7月3日に宮崎監督がメインスタッフに新作の作品説明を行った。5月から募集していた新人製作スタッフにはかつてないほどの応募があり、「海外からの応募がとても多いことが特徴の1つ」と綴られていた。