人間国宝の歌舞伎俳優・板東玉三郎

写真拡大

 人間国宝の歌舞伎俳優・板東玉三郎(67)が芸能生活60周年を記念し、初のシャンソンアルバムを発売することが10日、分かった。自身の記念イヤーに加え、敬愛する歌手の故・越路吹雪さん三十七回忌にあたることから企画。22年ぶりとなるCDは、越路さんの命日(11月7日)の翌8日にリリースする。

 玉三郎は歌手としての実力も定評があり、今回は越路さんの歌唱で知られたシャンソンの名曲14曲を収録。「越路さんの素晴らしい歌を、将来の人たちにも歌いつづけてもらうために、三十七回忌を期に、久しぶりのレコーディングに臨みました」と思いを語った。発売日に東京・銀座ヤマハホールで記念コンサートを行う。