9月の発表が見込まれるiPhone8とiPhone7s Plusのモックアップ(模型)のハンズオン動画が相次いで公開されています。いずれも、本体を手にした時のイメージが把握できる映像となっています。

iPhone8とiPhone7s Plusを比較したハンズオン動画

ダニー・ウィンジェット氏が公開した動画では、iPhone8とiPhone7s Plusのプロトタイプとされるモックアップを比較しています。
 
iPhone8のカラーバリエーションについて最近、Apple関連の情報に詳しいKGI証券のミンチー・クオ氏が「黒、シルバー、ゴールドの3色のみになる」と予測しています。ウィンジェット氏による映像にも、最近、噂に上っているコッパーゴールドと、ブラック、シルバーの3色の姿が収められています。
 

 
3台を並べると、側面の金属部分はかなり光沢があり、「iPhone8のカラーバリエーションの1つは鏡面仕上げ」という噂を思い出させます。
 
iPhone8とiPhone7s Plusの前面を比較すると、iPhone8のベゼルが非常に細く、ディスプレイが占める割合が非常に高いことが分かります。
 

 
iPhone7s Plusと、現行モデルであるiPhone7 Plusを比較すると、本体の大きさや外観のデザインは同じですが、iPhone7s Plusはワイヤレス充電に対応するため背面パネルがガラス製になり、アンテナ線は側面に細い線が少し残る程度で、ほぼ消えています。
 

 
ダニー・ウィンジェット氏による動画はこちらです。
 

ブラックモデルのiPhone8を撮影した動画も

続いて、オランダメディアのTechtasticが公開したのは、iPhone8のブラックモデルを手にした約5秒間の動画です。
 

 
模型なので電源は入りませんが、ベゼルがブラックなので、画面とボディの一体感が強いデザインとなっています。
 

同じCADデータに基づいて作られたモックアップか

米メディアAppleInsiderは、相次いで公開された2本の動画に映されたモックアップについて、リーク情報に詳しいソニー・ディクソン氏が9to5Macに提供した画像と同じCADデータに基づいて作られていると考えられる、と指摘しています。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)