トヨタ自動車や米半導体大手インテル、NTTなど7社は10日、インターネットに接続して多様なサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」の基盤技術の確立に向けコンソーシアム(共同事業体)を創設すると発表した。

 データ保管・管理サービスであるクラウドを使った地図情報やソフトウエアの更新など自動運転車に必要となる技術への対応を進める。