ダニー・ローズ【写真:Getty Images】

写真拡大

 トッテナムのDFダニー・ローズは、クラブの補強が進まないことに不満なようだ。英紙『ザ・サン』が伝えている。

 2016/17シーズンのプレミアリーグで2位になったトッテナムは、この夏の移籍市場で大きな動きを見せていない。DFカイル・ウォーカーをマンチェスター・シティに放出しただけだ。

 2007年からトッテナムでプレーする古株は現在27歳。「僕は選手としてピークに達していると思う。時間は経過していくもので、僕はトロフィーを手にしたい。15年もサッカーをして、1つのトロフィーもメダルもないなんて嫌なんだ」と語った。

 ローズが求めるのは、トッテナムを優勝に導く選手だ。

「10人を獲得しろって言っているわけじゃない。グーグルで検索して誰か調べなければいけない選手じゃ意味がないんだ。有名な選手を2、3人でいいんだよ」

 優勝争いのライバルたちは積極的な補強を続けている。新戦力がやってこないことにローズは不安を感じているのかもしれない。

text by 編集部