1打差から逆転を狙う堀川未来夢(撮影:鈴木健夫)

写真拡大

8月10日(木)〜11日(金)の2日間の日程で開催される『ゼビオグループ2017 第16回岩手県オープン』。7アンダー・首位タイには増田伸洋、北村晃一、1打差の6アンダーには堀川未来夢、森本雄、中西直人がつけた。
【関連】テレビでおなじみ、北村弁護士もアマの部で出場
1打差から逆転を狙う堀川は6バーディ・ノーボギーのラウンド。「嫌なパーパットもあって、危なさもあったなかでの6アンダーだったので、明日は心配もありますが、ストレスのないラウンドにしたいです」と初日を振り返り、意気込んだ。
昨季シードを喪失し、今季はQT組としてレギュラーツアーに参戦。「パナソニックオープン」3位と奮闘するも、出場が限られた立場だけに「地方オープンといえども、選手のレベルはレギュラーツアー並みに高い。今年は試合に出場できないことも多いので、試合勘を養うことができる。まずは勝ち癖をつけたい。地方オープントーナメントを制したことはありませんし、勝つことが次につながる。プロ初優勝を狙います」と語った。
ただ第5回大会覇者の増田も「岩手県オープンは、プロになって最初の頃から出場していて、大会を長く続けて頂けることは、僕らプロにとってもありがたいこと。いいトーナメントだと思いますし、明日は頑張りたい」と2度目の優勝を狙っている。
また、増田と並んで首位に立つ北村は、先週開催された『九州オープン』で勝利を挙げるなど好調をキープするだけに、明日の最終日は熾烈な優勝争いとなるだろう。
【岩手県オープン 初日順位】
1位T:増田伸洋(-7)
1位T:北村晃一(-7)
3位T:堀川未来夢(-6)
3位T:森本雄(-6)
3位T:中西直人(-6)
6位T:薗田峻輔(-5)
6位T:菊地純(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

増田伸洋&北村晃一が7アンダーで首位発進【岩手県オープン】
シニアツアーは接戦に終止符!リーダーボードで結果をチェック
【バケモノたちの使用ギア】セカンドショットで長い距離が残る「全米プロ」。松山英樹の対応は?
【バケモノたちの使用ギア】松山英樹の新パター、『TPコレクションMULLENプロト』はなぜ入る!?
プロのSNSをのぞき見!全米プロゴルフ選手権、決戦前夜のそれぞれ