13日に極大を迎えたペルセウス流星群。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』の著者・須田將昭さんによれば、15日くらいまではまだ見られるチャンスありとのことですので、今夜もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。そんな須田さん、今回は秋の夜空を彩る星座たちに関する神話を紹介しています。

オールスターの競演

ひょっとして、ペルセウス座流星群をひとめ見ようと少し寝不足気味でしょうか? 一つでも二つでも、みなさんが流れ星を見つけられていたらとても嬉しいのですが、いかがだったでしょうか?

もし見られなかったという方も、15日ぐらいまでは普段よりも流れ星が見やすくなっていますので、是非今夜もチャレンジしてみてください。もちろん昨日頑張って起きてたよ、という方も、引き続き楽しんでみてください。

ただ、同じ星空を見ていても「代わり映えしない」というのもあるかもしれませんね。ということで、ペルセウス座にまつわりギリシャ神話をご紹介しましょう。

もともとペルセウス座は秋の星座です。夏真っ盛り、8月中旬と言っても、夜中、日付が変わる頃には夏の星座は西に傾き、秋の星座が天空に登場します。

夏の星空はにぎやかなんですが、秋の空は少し寂しいんですよね。明るい星が少ないのです。「夏の大三角」の3つとも1等星です。こと座のベガ(織姫星)はとーーーーっても明るくて目立ちます。他にも、南の空のさそり座の赤い星・アンタレスなど豪華です。

それに引き換え秋には…1等星が一つしかありません。みなみのうお座のフォーマルハウトという星で、ひとつだけポツンと明るいので、「南のひとつ星」などと昔から呼ばれています(今井美樹の「Pride」という歌の出だしでも登場しますね)。

明るい星は少ないのですが、登場する星座は豪華絢爛です。天空に大きく駆ける天馬ペガサス。これは「秋の大四辺形」と呼ばれるぐらいで、すぐ分かると思います。

その足下には鎖で岸壁に繋がれたアンドロメダ姫。それを救いにくるペルセウス。二人の東側には、大きな大きなお化けのくじら。西側にはW型が目立つカシオペア王妃がいます。

エチオペアの王妃カシオペアは娘のアンドロメダ姫の美貌をたいそう自慢していました。海のニンフ(妖精)達より美しい…と。これが神々の怒りをかい、哀れアンドロメダ姫は海の岸壁に鎖でつながれ、おばけクジラの生け贄にされそうになります。

そこに通りがかったのが、ゴルゴンの三姉妹の一人・メドゥーサを退治してきたばかりの勇者ペルセウスです。彼は天馬ペガサスにまたがり、手には、見るもの全てを石にするというメドゥーサの首を持っています。ペルセウスはメドゥーサの首をおばけクジラにつきつけ怪物を退治します。アンドロメダ姫を救出し、やがて姫はペルセウスの妻となりました。

なお、娘自慢のすぎたカシオペア王妃は、両手を挙げた格好で一日中沈まず北極星の周りをグルグルと回る星座にされてしまいました…。

というのがペルセウス座にまつわるギリシャ神話です。

流れ星を探しながら、古代の人々が想像・創造した世界に同調していくのも、また果てしないロマンが広がります。ぜひ今夜も星空散歩のひと時を…。

カシオペア座は、北極星を探す時の星座ということでお馴染みでしょう。もう一つ、北極星を探す時の星座と言えば北斗七星。こちらにまつわる神話も以前にご紹介しましたね(身持ちの悪い大神ゼウス…のお話です)。

ただ眺めていると星が散らばっているようにしか見えませんが、古代の人々は、星と星を見えない線で結び、イメージを膨らませ、神話と結びつけていきました。その古代の人々のロマンを、星を眺めながら共有してもらえたらとても嬉しく思います。

今宵も素敵な星空散歩を!

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!