写真が苦手、という方は少なからずいます。理由の一つに上げられるのが、写真に映る自分の顔が好きではないこと。いつも鏡で見慣れている顔とは違い、写真の顔は別人のように見えてしまうことがあります。なぜ鏡と写真の顔は違うのか、いったいどちらが本当の自分の顔なのでしょうか。

自分の本当の顔を知らないのは自分だけ

自分の顔を見ることができないのは、自分だけです。私たちは自分の顔を見るとき、鏡や写真などの道具を介して見なければなりません。中でも鏡に映る自分の顔は、毎日見て最も慣れ親しんでいる顔。だから自分にとって基準となるのは、鏡に映る顔になります。鏡の顔に比べ、写真に写る顔はどうも様子が違う、自分の知っている顔ではないと思うことは誰にでもあります。その理由を3つあげてみましょう。

鏡には顔の左右が逆転して映る

写真の顔に違和感を持つ1つ目の理由は、鏡と写真では、顔の右側と左側が逆になるからです。写真の顔は他人が自分を見るのと同じように見えます。しかし鏡の中に映る顔は、左右が逆転しています。人間の顔は左右対象ではありません。目や眉毛、鼻、口の形など、右と左では微妙に違います(SNS投稿の際にチェック!左から撮った方が美人に写る)。だから鏡と写真の顔を見比べると、左右が逆転して違うニュアンスの顔となるため、写真の顔に違和感を感じてしまうのです。

誰でも鏡の前ではキメ顔になっている

2つ目の理由は、写真の写り方の問題です。人は鏡で自分を見るとき、無意識のうちにもアゴを引き、顔の筋肉を引き締めキメ顔となっていることが多いのです。しかし他人に撮ってもらう写真の場合は、鏡とは勝手が違い、なんとなくで写るしかありません。特に写真慣れしていない人の場合は、変に緊張しすぎたり、あるいは逆に抜けたような顔になってしまい、鏡で知る自分の顔とは異なってしまうことがよくあります。3つ目の理由は、写真に映る人の顔は、光の影響を大きく受けることです。一般に正面から光が顔に当たれば、シワやくすみが目立たなくなり若く見えます。しかし光が後ろや斜めから顔に当たってしまうと、顔に影ができくすんで見えたり、シワが強調されてフケ顔になりやすいのです。

自分の本当の顔は、写真の顔に近い

鏡に映る自分と写真に写る自分。どちらが本当の自分なのか、分からなくなってしまいますよね。結論として、顔の左右逆転がない写真の方が、素の自分に近いと思っておいたほうが良いでしょう。また人は誰でも、普段は無表情で緊張のない顔をしているものです。不意に取られた写真の顔が、本当の顔に近いとも言えます。試しにボーッとしているときにその表情のまま、顔に鏡を近づけてみてください。そこにいるのは意外な表情をしている自分、写真の顔に近い自分が鏡に映っているかもしれません。写真が苦手と言う人は、何よりも写真に慣れることが大切です。普段から自撮りで顔の表情を調べ、顔の角度や光のあたり具合などを研究しておくのも一つです。上手な自撮り写真に関してはこちら(誰よりも可愛く!セルフィーを極めるたった3つの方法)を参考にしてみてください。


writer:Akina