完成披露試写会に出席した有村昆(左)と坂上忍

写真拡大

 タレント・坂上忍(50)が10日、都内で行われた映画「ダンケルク」完成披露試写会(9月9日全国公開)に出席した。

 クリストファー・ノーラン監督は、同作で第2次世界大戦のダンケルク大撤退を描いた。イベント直前に映画を見た坂上は「死ぬほど疲れました。それぐらいパワフルで、クリストファー・ノーラン節全開といった映画。ここまで圧がすごい映画は久しぶりに見ました。ホレました」と大絶賛した。

 今作もほとんどセリフが存在しないなど、独特の作品となっている。坂上は「セリフが少ないから、セリフがある時の効き目がすごくて、視覚、聴覚、展開で心が揺さぶられる。こんなやり方あるんだって。有名な人もチョロチョロ出てるんですけど、有名ヅラしてないのもいいんですよ」

 作品にちなんでピンチからの脱出法を聞かれた坂上は、「週刊文春」に二股不倫疑惑を報じられた雨上がり決死隊・宮迫博之(47)を念頭において、「いま僕らの業界は“文春砲”というとんでもない大砲がありまして。もしも食らったら、正直に謝る。これだけです」とアドバイス? 11日のフジテレビ系「バイキング」にその宮迫が登場するが、坂上は「明日頑張ります。俺は休みたい」とボヤいていた。