マレーシアのプトラジャヤで、モスクの前を歩く少女(2015年5月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】マレーシアで実の娘(15)に対し600回以上の性的暴行を働いた罪で父親の男(36)が起訴された。当局が10日、明らかにした。有罪となった場合、1万2000年分以上の禁錮刑が科される可能性があるという。

 投資商品販売業の男が問われている罪は、反自然的性行為の罪599件の他、近親相姦、レイプなどの性的暴行罪を含め計626件に上っており、起訴状の読み上げには2日を要したという。男は無実を主張しており、今後審理が行われる。

 AFPの取材に応じた次席検事は「男は禁錮1万2000年以上を求刑されている」と明らかにした。また裁判官は男が逃亡し、証人を脅迫する恐れがあるとの検察側の主張を受け、保釈を却下した。

 娘の母親が警察に通報し、父親は先月26日に逮捕された。犯行は父娘が同居していた今年1月から7月の間に行われていた。被害者の身元保護の観点から、被告の名前も明らかにされていない。

 マレーシアでは児童に対する性犯罪を裁く特別裁判所が6月に開設された。
【翻訳編集】AFPBB News