「ヒップホップ先生」Girl′s Day ユラ、イ・ジュヨンの頬にキス?強烈な2人の出会いに“高まる期待”

写真拡大

「ヒップホップ先生」イ・ジュヨンとGirl's Dayユラの、強烈かつホットな初対面現場がキャッチされた。

8月14日に初公開される予定のJTBCウェブドラマ「ヒップホップ先生」(演出:シム・ナヨン、脚本:キム・アロミ、イ・ジョンソク、制作:ドラマハウス) は本日(10日)、イ・ジュヨンとユラの強烈な初対面をキャッチしたスチールカットを公開した。

「知るかもしれない人」の後番組として公開される「ヒップホップ先生」は、退屈な生活に疲れた小学校の音楽教師の放課後プロジェクトを描いたコミカルスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) ドラマだ。「ヒップホップ先生」は、ヒップホップ歌手として活動したことのある音楽教師と、放課後のヒップホップクラスの学生との間で起こる予測不可のエピソードを通じて、愉快な笑いと感動を与える予定だ。

そんな中、イ・ジュヨンとユラの初対面現場が公開された。写真には、金曜日の夜を楽しむためにクラブを訪れたイ・ジュヨンとユラの強烈な姿が写っている。濃いスモーキーメイクと強烈なレッドリップ、破れたデニムパンツに豹柄の上着を合わせたユラは、独歩的な存在感をアピールしている。

退屈な音楽教師生活に疲れたイ・ジュヨンは、クラブには似合わない端正な姿をしている。正反対のビジュアルでクラブで会った二人が、肩を抱きしめて頰にキスをする姿が視線を奪う。一体クラブで出会った二人の間に、どんなことがあって最初から頰にキスをするようになったのか、好奇心が高まっている。

イ・ジュヨンは「ヒップホップ先生」のヒロイン コン・スルギ役を務める。スルギはかつて、アンダーグラウンドでヒップホップ歌手として活動した経歴を持っている小学校の音楽教師で、無気力な生活の中で突飛な英語教師ユビン(ユラ) に出会って、楽しい人生に生まれ変わるプロジェクトを始める人物だ。

そんな彼女に“楽しい魂”を吹き込む人物は、ユラが演じるキム・ユビンだ。突飛すぎる行動でスルギを慌てさせながらも、妙なウォーマンス(女性同士の友情) を形成する予定だ。正反対のイメージを見せているイ・ジュヨンとユラが披露するウォーマンスがどんなものか、好奇心を刺激する。

「ヒップホップ先生」の制作関係者は「イ・ジュヨンとユラは、現場で完璧な息を見せてくれた。劇中で妙なウォーマンスを披露しながら、ガールクラッシュ(女性が女性に憧れること) な魅力を誇るイ・ジュヨンとユラの組み合わせを楽しみにしてほしい」と伝え、期待を高めた。

「ヒップホップ先生」は「知るかもしれない人」の後番組として8月14日の午前7時にNAVER TVを通じて初公開される。