BIGBANGのSOL、ワールドツアーのアジア8都市追加公演決定!

写真拡大

BIGBANGのSOLのワールドツアー「WHITE NIGHT」が北米に続き、アジア8都市ツアーを追加で確定した。

SOLは今回のアジア8都市(マニラ、香港、バンコク、ジャカルタ、クアラルンプール、マカオ、シンガポール、台湾) ワールドツアーを通じて約2年半ぶりにアジアを訪問する。特に、マニラとマカオは初のソロツアーであり、特別な意味がある。

これに先駆けて、SOLは日本スタジアムツアーに続き、北米(トロント、ニューヨーク、シカゴ、アトランタ、ダラス、サンノゼ、ロサンゼルス、バンクーバー) のワールドツアーを発表した。

これでSOLは11ヶ国19都市22回公演を確定した。2014年に開催された「RISE」ツアー以来、約3年ぶりにワールドツアーを開催することになった。

ワールドツアーのタイトルである「WHITE NIGHT」は長い時間、変わらず情熱的な音楽の道を歩んできたSOL自身を象徴する。これは16日に発売されるニューアルバム「WHITE NIGHT」とも共通している。ソウル公演は26日と27日蚕室(チャムシル) 室内体育館で開催される。

ワールドツアーとアルバム準備を並行しているSOLは、8日ニューアルバムの1stトラック「Intro」のミュージックビデオを公開し、カムバックのカウントダウンに入った。10日にはタイトル曲名「Darling」を公開して、カムバックの雰囲気を盛り上げている。