レアルMFイスコ、過去にユナイテッドが触手 意外な未契約の理由は「頭のサイズ」

写真拡大

過去にイスコ獲得に動いたユナイテッド、契約しなかった理由が話題を呼ぶ

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコは現地時間8日に行われたUEFAスーパーカップのマンチェスター・ユナイテッド戦で決勝ゴールを挙げて、チームに今季初タイトルをもたらした。

 その技術の高さから魔法使いとも呼ばれる25歳はスター軍団のレアルの中でも存在感を増しつつある。

 実はそのイスコは過去にユナイテッドも獲得に動き、実現しなかったという事実があったという。その時の理由が「頭が大きすぎたから」という珍しいものだったとして話題を呼んでいる。米スポーツ専門放送局「ESPN」が報じた。

 ユナイテッドは“サー”・アレックス・ファーガソン元監督政権終盤の頃に、クラブのシニアスカウトを派遣してイスコの動向をチェックしていたという。数回にわたる視察を行ったが、ユナイテッドを納得させることはできなかった。

 その時のイスコに関するスカウティングリポートは「彼は良い選手だが、それほど機敏ではなく、体に対して頭が大きすぎたから」というものだったと伝えられている。

 レアル寄りメディアとして知られる「マルカ」紙も「ユナイテッドは2013年にイスコと契約しなかった。理由は彼の頭のサイズだ!」と驚きをもって報じている。この時はユナイテッドの眼鏡に適わなかったイスコだが、スーパーカップは出色の出来を披露し、ユナイテッド撃破の立役者となった。逃した魚は大きかったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images