Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2009年に第6シーズンで幕を閉じた「Lの世界」が8年を経てリブートされる可能性が高まってきた。テレビ批評家協会のプレス向けツアーで、「Lの世界」のクリエイターのアイリーン・チェイケンがリブートに向けて「ショーランナーが決まるまでもう少しなの」と現況を明かした。
新「Lの世界」ではLGBTQコミュニティーの若い世代を代表する人物を主役に据え、彼女たちからの新しい声を届けたいとアイリーンは語っている。オリジナルキャストのジェニファー・ビールス、キャサリン・メーニッヒ、レイシャ・ヘイリーの3人の再出演は決定しているとのことだが、ほかのキャストも「(リブートされることは)知っているし、出演したいって言っているわ。でも、とにかくまずは番組を確実に製作することが大事よね」。

旧「Lの世界」は全シーズンを通しては大ヒットしたものの、ファイナル・シーズンに限ってはトーンが暗く、ミステリー性の高い殺人事件も勃発したことにより、ファンからは不満の声も上がった。このファイナル・シーズンについてアイリーンは「なかったことにするかも」と発言しているため、新「Lの世界」で内容が引き継がれない可能性もありそうだ。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
「Lの世界」「ゴシップ・ガール」俳優がアマンダ・セイフライド主演作に集結!
キャサリン・メーニッヒら主要キャストのコメント到着 「Lの世界」ついにファイナル 
シネマカフェ的海外ドラマvol.116 「Lの世界」最終回!ラストを飾るのは…?
ゼンデイヤ、トム・ホランドとの交際を否定!
イーサン・ホーク、『ビフォア・ミッドナイト』続編は5年越しに叶う!?