N.Flying、新曲「本物が現れた」MVエピローグ映像を公開…“ユーモア溢れる世界”

写真拡大

N.FlyingがMVとは違うエンディングのエピローグ映像を公開した。

N.Flyingは公式SNSを通じて2ndミニアルバム「THE REAL:N.Flying」のタイトル曲「本物が現れた」MVのエピローグ映像を公開した。

公開されたMVエピローグ映像では、本編とは違う新鮮な結末が公開されて笑いを誘う。実際にミュージックビデオで人魚として「プロデュース101」シーズン2出演のチャン・ムンボクが登場したエンディングとは違って、N.Flyingが人魚を探すために茫々たる大海を旅するすべてのストーリーがVR(Virtual Reality、仮想現実) の中の世界であることに気づく。

特に、映像で「注意:アイドルMVです」「AOA ソリョン顔負けの人形登場」「ようこそ、FNCは初めてだろう?」「実話か…」などセンスある字幕が登場し、N.Flyingならではの魅力を際立たせた。

N.Flyingの新曲「本物が現れた」はファンキーなサウンドをベースにした軽快な曲で、真夏の暑さを吹き飛ばすN.Flyingのエネルギーを確認することができる。

N.Flyingは2日「THE REAL:N.Flying」を発売して、タイトル曲「本物が現れた」で本格的な音楽活動に突入し、既存のアルバムカバーの代わりにN.Flyingが直接描いたカバー「偽物アルバム」発売イベントを展開するなど、愉快なプロモーションでファンを楽しませている。