B.A.P、日本ツアーを盛況裏に終了…個性あふれるステージでファンを魅了

写真拡大

B.A.Pが日本ツアーを盛況のうちに終え、公演ドル(公演+アイドル) の存在感を見せつけた。

B.A.Pは5日、大阪公演を皮切りに7日に名古屋、9日に東京まで6回のステージを華やかに飾り、ファンたちの爆発的な歓呼と共に「B.A.P WORLD TOUR 2017 "PARTY BABY!" JAPAN BOOM」の日本ツアーを終了した。

今回のツアーでB.A.Pは華やかなパフォーマンスと爆発的な歌唱力、巧みなステージマナーでファンから大きな歓声や拍手を引き出し、コンサート現場を熱く盛り上げた。B.A.Pはパーティーの雰囲気にぴったりのEDM(Eletronic Dance Music) スタイルはもちろん、メンバーたちの個性が際立つステージでファンたちと呼吸した。

B.A.Pは毎回公演ごとに全力を尽くして発展した姿を見せ、アーティストとして一層成長したことを証明した。ファンたちは公演開始前から会場の前に集まって、メンバーたちに対する愛情を表し、グローバルな人気を実感させた。

このようにワールドツアーを成功させて、グローバルアーティストとしての一面をアピールしたB.A.Pは、新しいカラーシリーズのアルバムでカムバックを予告し、メンバーのデヒョンはミュージカル「ナポレオン」でナポレオンの弟で、確実な信念を持つ革命家ルシアン役を務めている。