あやまん監督

写真拡大

9日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、あやまんJAPANリーダーのあやまん監督が、経営する会社の年商に言及した。

番組では、2010年に“過激な宴会芸をするギャル”としてテレビに出演し、一世を風靡したあやまんJAPANの現在を追っていた。スタッフの取材に、当時の風貌とは異なるキャリアウーマン風の服装で応対したあやまん監督は、現在会社の“代表取締役監督”を務めているのだと紹介する。

あやまん監督は、2014年に女性パフォーマーを宴会などに派遣する「あやまんJAPAN株式会社」を設立し、現在はメンバー50人ほどを取りまとめているのだという。会社は、ライブの企画運営やCD・グッズの販売なども手がけているそうで、VTRではメンバーに飲み会での振る舞い方を指導する様子も放送された。

年商を質問されたあやまん監督は「数千万ぐらいはいってるんじゃないかと」と答えると、スタジオからは驚きの声が上がる。だがあやまん監督は満足していないようで、「年商1億目指して頑張っていきたい」とさらなる展望を語っていた。

【関連記事】
椿姫彩菜 ゲーム関連のMAX月収「1カ月ビッシリやったら数百万円」
元・三木道三ことDOZAN11 活動休止の真相「寝たきりだった」
「てじな〜にゃ!」のマジシャン山上兄弟の給料事情「毎月20万弱」