探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、静岡県三島市に住む小松典子さん(仮名・39歳)です。彼女は2年前に離婚し、実家に戻ってきており、今は都心にある会社まで新幹線通勤をしています。

「前の離婚の原因が、元ダンナの浮気。私と結婚生活しながら、別の女性に子どもを産ませていて、2人目ができるから離婚してくれと言われて。ホントにびっくりしました。だから本当にショックで……1年くらい立ち直れませんでした。ボーっとしていると、男の人は浮気するんですよね。だから今回は、あやしい気配がしてきたので、すぐに事実を知りたいと思いました」

典子さんは、ブルゾンちえみさんにそっくりな外見をしています。ふくよかな体型、パッツン前髪のボブヘア、シンプルな白ブラウスにタイトスカートと服装はシンプルです。全体的に上品で清潔感があります。ベーシックなアイテムを丁寧に使い続けている堅実な女性だと感じました。

堅実女性・典子さんが浮気にもめげずに再婚したい理由とは……?

「今、実家に住んでいるのは、家賃を払いたくないからなんですよ。会社は新幹線通勤の交通費を出してくれるのですが、実家がだんだん窮屈になったこともあり、都内に戻りたくなったんです。それで、都内に住めることを条件に、お見合いサイトや出会い系アプリで婚活を開始しました。私は身の程を知っているので、“10歳以上年上、都内近郊在住、真面目な男性”という条件に絞って相手探しをして、20人ほど会ってみてから彼に決めました。今は交際して3か月になります。早く結婚して、都内に引っ越したいという要望を伝え、お互いに結婚相手としての条件は満たしているという合意はとれています。それなのに、なかなか話が進まない……それに最近、怪しい行動が目立つようになって、ぜひ調べていただきたいと思ったのです。私はもう浮気がこりごりなんです」

言葉に怒りを含ませながら語る典子さん。彼の不審な行動とはなんでしょうか。

「交際開始から2か月間は毎週末会っていたのに、ここ1か月間、会えない日が増えました。先週末なんて、夕方からのLINEが一切既読にならず、翌朝ようやく既読になったのですが、その返事はありませんでした。その後、結婚の意思を確認したところ、“典子ちゃんと結婚したい”と言うのです。既読にならない理由を聞くと、“あのときは飲み過ぎてしまって、夕方からずーっと寝てしまったんだ、ごめんね”と言うのです。彼はお酒に弱いし、生真面目な性格だから、一緒に飲む友達もいません。それに50歳なのに、朝まで寝てしまうほど飲むっておかしいですよね?」

しかし、彼は誠実さをにじませながら説明してくるので、信じてしまったと言います。典子さんから彼の写真を見せていただくと、白髪交じりの髪をきっちりと七三に分けて、銀縁メガネをかけており、半そでの白のシャツに無地のネクタイを締めて、海辺でほほ笑んでいました。体つきは中肉中背で、依頼者・典子さんには今まで一度も結婚したことがないと言っているとか。

「彼は仕事一筋で本当に真面目な人なのです。白髪、白シャツだから白馬の王子様だと私は思っています。男子校育ちで女性に慣れていないらしく、女性とデートに出かけるときは、真夏であってもネクタイを締めるそうです。そういうきちんとしすぎるところが、女性に嫌われるのが悩みだったと言います。私もくだけた態度がとれないことで、男性から嫌われることが多いので、まさに運命の相手だと思っています。それなのに、疑わしい態度をとるなんて、本当に許せません!!もし、彼が不審な態度を取っていたら、元夫と同様に、慰謝料を請求してやる!」

彼は教育関連の会社に勤務している真面目男子。そういうところも依頼者・典子さんが気に入った理由。

真面目な銀縁メガネ男子の周りに群がる、20代女子の群れとその素顔とは……〜その2〜に続きます