昨年末、カイリー・ジェンナーのアシスタントが仕事に就くまでの経緯が話題になったけれど、今回は歌姫リアーナのお抱えヘアスタイリストのサクセスストーリーをご紹介!

まさにアメリカンドリームな経緯を明かしたのは、10年ほど前からリアーナのヘアメイクを担当しているユセフ・ウィリアムズさん。彼が初めてリアーナと出会ったのはパリ。

We mean Business🤔😝

A post shared by Yusef (@yusefhairnyc) on

「パリで2日ほどリアーナのヘアメイクを担当して、帰国する予定だったんだ。あれは確か2007年だったかな、クレイジーなウェーブのヘアスタイルに仕上たのを覚えているよ。真っ直ぐ上に立つような髪型にね。当時のリアーナは髪先をカラーしていたから、炎のようだったよ。鏡で見た瞬間、リアーナは『何これ!?』って言ってた」
リアーナ

リアーナにとってその驚きはポジティブなものだったようで、翌日に電話がかかってきたそう。

「そしたら、彼女のチームから翌朝電話がかかってきたんだ。『帰らないでくれますか? 今週のヘアメイクもお願いしたいので』と言われたよ」

それからユセフさんは、数々の大胆なヘアメイクをリアーナに提供。カールやアンダーカット、また数日前に初披露したティール色のフェスティバルルックも彼が担当したみたい!

My #croopover2017 Queen @badgalriri ❤️❤️❤️

A post shared by Yusef (@yusefhairnyc) on

さらに、お互いにいつもインスピレーションのため写真を送り合っていることも告白。

「文字ベースのメールはほとんど送ってないけど、写真は常に送り合っているよ。いつでも完璧なヘアスタイルを生み出せる状態でなきゃいけないから、そうやってインスピレーションを受けているだ」

どんな衣装でも自分らしく着こなすことで知られるリアーナ。それはヘアスタイルにしても同じことみたい。

「リアーナには絶対にしたくない格好があって、それに対しては非常に強いこだわりがある。したくないものが明確だからこそ、スムーズに髪型を決めることができるんだよ。僕は、自分に自信を持っていない人とは仕事をしたくないんだけど、彼女は自信にあふれている。リアーナは、どんなスタイルでもモノにするんだ。時々レッドカーペットでどこかイケてない格好をしている人がいるけど、それは本人がその格好に自信を持てていないからだと思うな」
リアーナ
「リアーナは、ヘアスタイルやファッションで冒険するのが好き。グリーンのリップやヘアカラーをカッコよく見せることができるし、イブニングガウンにコークスクリューのような大胆な髪型も合わせられるんだ」

派手なヘアスタイルでもモノにしてきたリアーナが、最近はもっぱら落ち着いた髪型をしているのにも理由があるんだとか!

リアーナ
リアーナ
「それに最近の落ち着いた髪型でも、『リアーナってこんな髪型も似合うのね。かっこいい!』って誰しもに思わせられるんだ」
「常に、攻めの姿勢である必要はない。ポニーテールをしたりトップでまとめたり、普通のリラックスしたヘアスタイルも楽しみたいんだろうね。それもリアーナの意思表示だと思うよ。彼女を見ている女の子たちは『(カッコよくなるには)わざわざプラチナブロンドに染めなくてもいいのね』と思ってくれるはずだから」
リアーナ

チャンスを生かしトップセレブのヘアスタイリストになったユセフさん。また、彼が明かしたヘアスタイルや仕事に対する確固たる信念こそが、数あるセレブの中でもリアーナが別格と感じさせる理由なのかも!