フレッシャーズ編集部

写真拡大

入社前にイメージしていた仕事が、実際に働いてみたら全然違った、なんて経験をしたことがある人はいませんか? 忙しさや、社内の人間関係など働いてみないとわからないことも多々あるため、就活のときに思い描いていた社会人生活とのギャップに驚いてしまった人もいるかもしれません。入社してから業務内容にギャップを感じた人はどれぐらいいるか、社会人のみなさんに聞いてみました。



■入社してから「こんな仕事だったのか!」と業務内容にびっくりしたことはありますか?

【さとり世代度診断】あなたのさとり度はどれくらい?

はい 55人(18.4%)
いいえ 236人(78.9%)

■そう思う理由を教えてください
<はいと答えた人>

●思っていたよりも大変だった

・製品の検査部の検査が、あまりに厳しい検査の連続で、初めて開発に関わったせいで唖然としたことがある(男性/50歳以上/電機)
・外から見たらたいした仕事でないと思っていたのに、実際やってみるとかなりハードで繊細な仕事で驚いたことがあったので(男性/28歳/印刷・紙パルプ)
・電話での応対が多く、言葉遣いに厳しい取引先の方に何度も叱られたから(女性/46歳/その他)

●思っていた仕事内容と違いがあった

・営業が苦手で人前で話すのも苦手だったため、それを避けて就職先を決めたが、結果営業のような業務も含まれていた(女性/33歳/その他)
・官公庁だったが、お堅い仕事以外が多かったから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・現場の仕事のイメージだったが、実際には半分がデスクワーク(男性/41歳/団体・公益法人・官公庁)
・教員の仕事はは部活と授業だけではなかった(男性/37歳/学校・教育関連)

<いいえと答えた人>
●聞いていた通り

・仕事内容は初めに聞かされていた(男性/44歳/その他)
・面接のときにかなりしっかりと聞き込みをしたので、ズレは感じていない(女性/32歳/自動車関連)
・想像がついていた仕事なので、とくに驚いたことはない(男性/34歳/学校・教育関連)
・業務内容がだいたい固まっているため、意外だと思った経験がない(男性/35歳/医薬品・化粧品)

●学校で学んだことや前職と同じで戸惑わなかった

・専門学校からそのままその職に就いているので(男性/49歳/医療・福祉)
・技術職なので、学校で実習などがあって、覚悟できていた(女性/50歳以上/医療・福祉)
・インターンで入っていたのでだいたいわかっていた(女性/42歳/情報・IT)
・前職も一緒だったから驚きはない(男性/38歳/その他)

今回のアンケートでは、入社後特に驚いたことはなかったという人の方が圧倒的多数でした。就活の際にミスマッチがないように、念入りに業務内容について確認した人が多いようです。

いかがでしたか? 少数派ではありますが、思っていたよりも厳しかったり業務内容に違いがあったりして苦労した人も見受けられました。これから就職するなら、ある程度どんな仕事が待っているか予測して仕事に臨む心構えは必要でしょう。ただ、それだけではなく、たとえ違いがあっても臨機応変に対応できる術も身につけておいたほうがいいのかもしれませんね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年7月
調査人数:社会人男女291人