解説の金田さんも「ありえないっしょ」…鳥栖FWイバルボの“衝撃ミス”が波紋

写真拡大

一時は登録抹消になり退団が噂されたものの、完全移籍という形で改めてサガン鳥栖に加入したFWビクトル・イバルボ

ここまでゴールこそないがその体の強さはJリーグでも抜けており、チョ・ドンゴンや豊田陽平ともに良いコンビネーションを見せている。

そんなイバルボは9日(水)に行われたJ1第21節の柏レイソル戦に先発出場。

この試合でやってしまったミスが話題を呼んでいる(00:28から)。

カウンターからチャンスを作った鳥栖。

豊田とのワンツーで右サイドを抜け出した原川力が深い位置まで進入し、グランダーのクロスを送るも、中でフリーになっていたイバルボがこれを決められず…。

イバルボは完全にフリーとなったいたが、ゴールまで2mという距離からこの決定機を外してしまった。

『DAZN』で解説を務めた金田喜稔氏も思わず「えーっ!」と叫び、「ありえないっしょ」と切り捨てた。しかし、この一戦でやらかしてしまったのはイバルボだけではなかった(01:29から)。

快速を飛ばし、鳥栖DFをぶっちぎった伊東純也も…。

GK権田修一をかわすまではよかったものの、シュートの直前にやや体勢を崩してしまい、ゴールをとらえることはできなかった。

なお、試合は0-0のまま終了している。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています