アクションシーンの撮影でも
積極的にアイデアを提供 (C)Marvel Studios 2017.
(C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

写真拡大

 全世界興行収入6億7300万ドル超(8月9日時点)と大ヒット中の「スパイダーマン ホームカミング」の新たな本編映像が、公開された。トム・ホランド演じる主人公の高校生ピーター・パーカーがスパイダー・スーツに着替えるシーンを切り取っている。

 スパイダーマンとしてアベンジャーズ入りを目指すピーターが、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の指導のもと、真のヒーローへと成長していくさまを描く。「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のマイケル・キートンが悪役のバルチャーに扮するほか、ハッピー・ホーガン(ジョン・ファブロー)ら、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバースに登場したキャラクターが続々と登場する。

 一刻も早くスタークに認められたいピーターは、放課後になると学校を飛び出してヒーロー活動に明け暮れる。映像では、路地裏でトランクス1枚になったピーターがいそいそとスーツに着替えるほほ笑ましい姿が描かれたのち、「頑張るぞ」と悪者がいないか監視する様子、自転車泥棒をスパイダーウェブであっという間に成敗するシーンが映し出される。けなげに自警活動にいそしむピーターの15歳らしい姿が描かれると共に、軽快なテンポや音楽といった本作の明るいトーンが印象的なシーンとなる。

 抜群の運動神経を誇り、本作の危険なシーンの多くをスタントなしで演じたホランドは、着替えるシーンでは鍛え抜かれた肉体美をさらしている。

 「スパイダーマン ホームカミング」は、8月11日から全国公開。