ビズリーチ・スタンバイの調査「プログラミング言語別 平均年収2017」1-10位

写真拡大

 ビズリーチは8月10日、求人検索エンジン「スタンバイ」を通じて調査したプログラミング言語別平均年収を発表した。3位は「Kotlin(コトリン)」577万円、2位「Python(パイソン)」601万円、1位は「Scala(スカラ)」626万円だった。

 「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」は、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報約250万件のうち、各プログラミング言語名が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したもの。

 1位は、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴をあわせ持った言語の「Scala」で626万。米Twitterや米LinkedInなどが利用していることで知られる。世界規模で採用企業が増えていながら、扱える人材が少ないことから年収が高い言語だという。

 2位はデータ分析や機械学習の分野で広く使われる「Python」。平均年収は601万円だった。今後、AIの実用化が研究されていくにつれ、需要が高まっていくとされている。3位は「Kotlin」で577万円。求人数はまだ少ないものの、Androidエンジニアを中心とした求人が見られる。

 トップ5にはこのほか、AppleのiOSおよびmacOS、Linuxで利用出来るプログラミング言語「Swift」と、まつもとゆきひろ氏による日本生まれのプログラミング言語「Ruby」がいずれも562万円で4位にランクインしている。

 年収200万円未満および2,000万円以上の求人は対象外としているが、「Java」は220万円から2,000万円、「PHP」は200万円から2,000万円と年収に幅がある。このほか、ベスト10からは外れたが、「COBOL」は509万円と、根強いニーズがあるという。

 なお、調査では求人件数が100件未満のものは対象外としており、対象外ではあるものの「Go」は571万円、「Groovy」は680万円、「Haskell」は670万円などは平均年収が高かった。

 「スタンバイ」は、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象に、職種・業種などのキーワードや勤務地、GPS機能を活用した地図を組み合わせ、複数の大手求人サイトの求人を一括検索できるサービス。ランキング結果はビズリーチのWebサイトで閲覧できる。

◆プログラミング言語別 平均年収2017

1位 Scala 626万円

2位 Python 601万円

3位 Kotlin 577万円

4位 Swift 562万円

4位 Ruby 562万円

6位 Java 552万円

7位 Perl 551万円

8位 C言語 538万円

9位 JavaScript 536万円

10位 PHP 522万円 《リセマム 佐藤亜希》