毎日運動しても意味ナシ!? 「座りすぎ」が寿命を縮めていた

写真拡大

【世界一受けたい授業】(日本テレビ系)2017年8月5日放送
「最新研究でわかった!あなたの寿命を縮める!?座りすぎの恐怖」

日本人は「世界一座っている時間が長い」のをご存知だろうか。世界20か国で平日座っている時間を調査したところ、サウジアラビアと並んで日本が1位だったというデータがある。

長時間の仕事や勉強、移動など、現代日本の生活には確かに座る時間が長くなる要素が多いが、長時間座っていると心筋梗塞や脳梗塞など、命にかかわる病気のリスクが高くなる。座りすぎをいかにして防ぐか、早稲田大学の岡浩一朗教授が解説した。

移動中に座ったままできる血流改善

太ももには、心臓に血液を送り出す血管「大腿静脈(だいたいじょうみゃく)」がある。

座った状態で5分ごとの大腿静脈の血流を測定すると、座った直後は血流速度が7.8センチメートル/秒だったが、30分後には2.2センチメートル/秒で、約70%も低下していた。

歩いたり立ったりすると筋肉が働き、血中の糖や中性脂肪を体内に取り込む「代謝」が行われる。長時間座り続けると筋肉が使われず、糖や中性脂肪が消費されずに血中に滞り、血液がドロドロになってしまう。結果、肥満や糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、がんのリスクが高まるのだ。

シドニー大学の研究では、1日に座る時間が4時間未満の人と比べ、11時間以上座っている人は死亡リスクが40%増加するという結果も出ている。

20〜30分座るごとに3分ほど立って動くのが理想だが、難しい場合は1時間座ったら5分程度立って少し動く、でもよい。

仕事中や学校などでそれすらも難しいという時のために、岡教授が座りながらできる脚の血流改善トレーニングを紹介した。

つま先が天井を向くように脚を上げ、5秒キープする。これを左右5回ずつ行うだけだ。できれば30分ごとに1セット行えるとよいが、無理せず自分のペースでやろう。

電車や新幹線、タクシーなどで座っていて脚を上げるスペースがない場合は、かかと上げ運動が有効だ。

つま先を床につけたまま、ゆっくりかかとを上げ下げするだけで、ふくらはぎの静脈の血流が改善できる。

危険な生活「アクティブカウチポテト」とは?

米国には「カウチポテト」という言葉がある。カウチ(ソファー)に座ってポテトチップスを食べながら、ほとんど動かずにテレビを見ている人を指すものだが、最近「アクティブカウチポテト」という言葉も生まれた。

普段は運動しているが、それ以外の時間は「カウチポテト」状態の人を指す言葉で、実はこれがとても危ない。

毎日20〜30分程度の運動をしていても、座りすぎによる健康リスクは帳消しにはならないのだ。

近年は、企業や学校でも座りすぎを防ぐ対策が行われている。

東京・千代田区の商社「メタルワン」では、高さが変えられるデスクを採用している。スイッチを押すと最高125センチメートルまでテーブルを上げられるので、座りすぎていると感じたらいつでも立って仕事ができる。

眠くなった時に立つと眠気も覚め、仕事の効率や集中力もアップする。腰痛や肩こりが改善したという声も上がっている。