食べ物に対する「嗜好性」ってなに?

犬にも味覚があります。ですが、美味しいと感じる要素は味覚だけではありません。犬が美味しいと感じる「嗜好性」とはどういうことでしょうか。

犬の味覚

味覚を感じるのは舌にある味蕾(みらい)という細胞で、犬の味蕾の数は人の1/5程度しかありませんが、それでも甘味、苦味、酸味、うま味を感じることができます。特に糖やアミノ酸に反応するレセプターが豊富で、犬は甘味に敏感といえます。
ちなみに猫は糖に対して反応がありません。甘味がわからないようです。これは、猫が完全肉食で、雑食の犬のように果物が熟れているかどうか関心がないからだと考えられます。

もう一つ、犬の味覚で特徴的なのは、塩味を感じる味蕾が欠けているところです。犬は塩味にとても鈍感なのだそうです。これは、犬の祖先が肉食であったことと関係すると考えられています。獲物の肉には犬が必要とする塩分バランスがすでにとれているため、判断する必要がないからとのこと。反対に、肉の栄養素の違いを見極めるために、アミノ酸や核酸、つまりうま味に対する感受性をもつとされています。

味覚以外の嗜好性はなにで決まる?

人間もそうですが、「これ、美味しいなあ」と感じるのは味覚だけではありません。におい、食べ物の形状(柔らかい・硬いとか、生か調理されたものかなど)、食感(舌ざわり、歯ざわり)、見た目なども、美味しいと感じる重要な要素ですよね。犬も見た目はそれほど大きな要素ではありませんが基本的には同じです。
一般的に犬は、豚肉やラム肉よりも牛肉が好き、ドライよりも半生かウェット、生よりも調理された肉、調理された肉よりも缶詰の肉が好きと言われています。

このような嗜好性は、ペットであるからこそ発達したものでしょう。野生だったら、ようやく捕らえた獲物の美味しさにこだわっている場合ではなく、安全かどうか、栄養があるかどうかだけが重要だからです。

嗜好性はどうやってつくられる?

嗜好性は、もしかしたら赤ちゃんのころからあるのかもしれません。犬ではありませんが、ラットの研究で赤ちゃんのお乳に対する嗜好性を調べた報告があります。哺乳類はお乳で赤ちゃんを育てますが、お母さんの食べ物の味や匂いがお乳の風味を決め、それによって育った赤ちゃんは、その風味を特に好むようになるのだそうです。犬にも同じことが言えるのではないでしょうか。

実際、子犬の頃に接した食べ物の風味が大人になってからの嗜好性に影響を与えていることがわかっています。子犬のころに1種類の食べ物しか与えられていない、もしくは野菜中心で育った犬は目新しい食べ物を避け、同じものしか食べなくなる傾向があり、いろいろな素材を混ぜた食べ物で育った犬は、新しい食べ物にも食べるという傾向があるのです。

つまり、子どものころの食べ物の種類が少ないと、その食べ物のにおい、形状、食感にこだわるようになるということです。犬はもともと猫よりもずっと新しい食べ物に対する拒否感が少ない動物ですが、育ちが犬の嗜好性に影響があるということなのですね(ただし、犬種や個体差によってその度合いは違います)。

まとめ

犬がどんな食べ物が美味しいかと感じるのは、子犬の頃に決まってくることがわかりましたが、その嗜好性を飼い主さんがどうとらえるかは考え方だと思います。同じ食べ物を食べ続けることは悪いことではありません。散歩中にうっかり腐ったものを食べる危険性が少なくなります。でもいったん病気になったりすると、食べてくれる療法食を探すのに一苦労、ということも。将来のことを考えれば子犬の頃からいろいろな食材、食感を経験させておくのも1つの方法かもしれませんね。

《参考文献》「ドメスティックドッグ」ジェームス・サーベル編 緑書房


(博物館アドバイザー(元自然史博物館学芸員)提供:碇 京子)