イ・ヨニ、ヨ・ジングとの共演エピソード語る“年下にしか見えないと思ったら違った”

写真拡大

女優イ・ヨニがヨ・ジングとの友達役としての呼吸について明かした。

イ・ヨニは10日午後、ソウル木洞(モクトン) SBS社屋で行われたSBS水木ドラマ「再会した世界」(脚本:イ・ヒミョン、演出:ペク・スチャン) の記者懇談会に出席し、ヨ・ジングとの呼吸について「実際、ジングさんと私はかなり年が離れている」と明かした。

彼女は「ジングさんはとても大人っぽい一面を持っているので、撮影現場では作中の名前を呼び合う。たまにジングさんに『姉さん』と呼ばれるとびっくりする」と話した。

続いて「今朝の撮影が一番キツくて、理性が飛んでいた。そして思わずNGを出したら、ジングさんに『NG出したらイモ(母親の姉妹を呼ぶ言葉だが、年上の女性に対して使うときも多い) って呼ぶよ』と言われた」とエピソードを説明した。

また「ジングさんの好みもオールドでビンテージなのが好きだ。私よりも昔の歌手について詳しい。だから、ありがたかった。ジングさんが知らないと演じる度にその差が出てくると思った。愛し合う仲でも年下にしか見えないと思ったら違った。とても演じやすかった」と明かした。

「再会した世界」は19歳の若者と同じ年に生まれた同い年の31歳の女性、12年離れた同い年の幼馴染の恋愛模様を描いたファンタジードラマだ。ヘソン(ヨ・ジング) とジョンウォン(イ・ヨニ) に嫉妬するミンジュン(アン・ジェヒョン) の感情線が加わってますます面白くなってきている。

毎週水曜日と木曜日の夜10時に韓国で放送中だ。