Nine Muses、生配信で飲酒トーク!メンバーが流した涙のワケとは(動画あり)

写真拡大

Nine Musesの公式リアリティ番組「ナミュキャストシーズン3」の最終話が公開された。

10日正午、所属事務所のスター帝国は、Nine Muses側のNAVERライブ映像配信アプリ「V」の公式チャンネルを通じて「ナミュキャスト3」の最終話を先行公開した。

公開された映像でNine Musesは久しぶりにメンバー同士で酒を飲んだ。忙しいスケジュールのため久しぶりに余裕を持ったメンバーたちは、恋愛の話や酒癖など、平凡な少女のような楽しい話題で盛り上がった。

また、Nine Musesは空白期の話で隠してきた考えや話を打ち明け、メンバーたちはお互いに対する申し訳なさや感謝の気持ちで涙を流した。メンバーたちはヘミに「踏ん張ってくれて本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝え、ソジンは「すべての状況を理解している。しかし、ファンたちにはいつも申し訳ない気持ちだ」と率直に打ち明けた。

また、ヘミは「最近『ヘミは9人のグループで9人と別れたんだね』という書き込みを見たけれど、その書き込みを見て、今まで頻繁に経験して鈍くなったと思っていたけど、違うんだと思った。今年の頭に本当に大きなスランプがあったけれど、こんな状態で私が手放してしまうとグループを維持できなくなるんだと思って、責任感が生まれた」と率直に打ち明けた。

Nine Musesは過去メンバー脱退と新メンバーの合流などで多くの紆余曲折を経験したが、最近ギョンリ、ヘミ、ソジン、グムジョで構成された4人体制の活動を通じて「Remember」「LOVE CITY」などミニアルバムとリパッケージアルバムで活動し、今夏活躍を見せた。特に、29日開催した2nd単独コンサート「RE:MINE」を盛況のうちに終え、Nine Musesの健在ぶりを見せつけた。

Nine Musesは13日11時、「V」アプリの“ヌッパン(横になっての放送)”を通じて、今夏の公式活動を終了する予定だ。