現在、第二子を妊娠中の女優・加藤貴子が8月8日、突如として出血が止まらなくなり、入院したことを報告。投稿を見たファンからは、彼女の体調を気遣う声が、相次いで寄せられている。

加藤貴子公式ブログよりスクリーンショット

 これは同日、加藤が自身の公式ブログに投稿した 『本日より入院いたしました』 という記事のことで、この中で加藤は、「やっぱり、今日は満月なんですね〜。お昼に出血してしまいました。」「大量出血ではなく、少量の警告出血だったので、担当ドクターと連絡を取り合いながら少し様子をみましたが、定期的にお腹が張って、少量とは言え出血が止まらなかったので、事前に予約をしておいた陣痛タクシーに迎えに来てもらって、入院いたしました」と、突然の出血に見舞われたことと、その血が止まらなかったために、急遽、夫同伴で病院を訪れ、そのまま入院することになったことを報告。

 自身が病院で点滴を受けるセルフショットを添えつつ、「今日から予定帝王切開まで、張り止めの点滴生活です。」と、出産まで大事をとることを明かすこととなった。

 加藤といえば、不妊治療の末に、念願の 第二子を妊娠 、今回はその出産に備えている状況の中での出血となったが、かねてより彼女の状態を気にかけていたネット上のファンからは「少量の出血だったようでよかったです(泣)入院も寂しいと思いますが頑張って下さい(泣)」「お大事になさってください。元気な赤ちゃん出産のご報告を待っています ( ^ω^ )」「出産まで、ゆっくり、休んでくださいね。頑張ってください。」「自信を持って頑張れ!!」「副作用もあるとのこと、少しでも軽くなるようにお祈りしております!」といった数多くの励ましの声が。

 加藤は、「今日の夕飯 ペロリとたいらげました。大食いの私は正直足りませんでした(^o^)」「今日からはドクターのアドバイス通り、身体をゆっくり休ませて、万全な身体で手術に望みたいと思います」と出産への意気込みを語り、締めくくった。